浴室、洗面所、トイレは、毎日使う場所ではありますが、長時間を過ごす場所ではありません。その為、多くの場合、全体の床面積との兼ね合いで、洗面所と脱衣所は兼用し、浴室と洗面所、脱衣所は、並べて作ります。ただ、この組み合わせには、いろいろなバリエーションがあり、使い勝手にも、雰囲気にも、影響します。

入浴を楽しみたい人と、カラスの行水の人、家族の人数が多い家庭と、夫婦だけの家庭、お客様をほとんどお迎えしない家庭と、来客の多い家庭では、使い勝手の良い組み合わせ方が違ってきます。自分たち家族の暮らし方にあった水回りの間取りは、何を基準に考えるべきでしょうか?

Works(株)ホープスの建築実例

浴室、洗面所、脱衣所の間取りで注意すること

狭小住宅では、リビングを広く取りたい、インナーガレージを作りたい、収納スペースは十分にとりたいなどの理由から、浴室、洗面所、トイレは、ギリギリの床面積になってしまうことがあります。

狭すぎて、使いにくい洗面所や脱衣所、ゆったりできない浴室になってしまうと、生活にストレスが発生してしまいます。家族の暮らし方に合わせた間取りと、最低限必要の広さを確認しておきましょう。

夫婦と子供が2人以上、お客様はほとんどいらっしゃらない家族
洗面所と脱衣所を兼用しても、あまり問題はありません。洗面所、又は脱衣所に洗濯機を置いても、ストレスなく着替えができる広さがあれば、洗面所と脱衣所を兼用しても、快適に使えます。

子供達が学校へ通う年齢になると、朝は、洗面所が混みあうので、洗面ボールが2つある洗面台にしておくと、便利です。

子供達が年頃になると、入浴中に家族が、洗面所に入ってくることを嫌がったり、身支度の為に長時間、洗面所を使ったりするようになります。その時に備えて、洗面所と脱衣室を分けておく、又は、サブ洗面台を、他の場所に作っておくという選択肢もあります。

また、家族の時間帯がずれている家庭では、浴室と寝室の位置関係も、暮らしやすさに影響します。遅い時間に入浴する家族がいる場合、早い時間に就寝する家族の寝室と浴室が、縦に重ならないようにしなくてはなりません。

夫婦だけの家族
おしゃれな間取りにしたい場合、浴室、脱衣所、洗面所、トイレをまとめて、ホテルのようなラグジュアリーな空間が作れます。透明な仕切りで浴室を区切り、バスタブ、水栓金具、洗面ボール、照明などを、好みに合わせて選びます。洗面台や収納も、雰囲気に合わせた造作家具を取り入れると、より個性的な空間が出来上がります。

また、システムバスでも、メーカーによっては、高級感のあるタイプが、用意されています。輸入品の洗面ボールや、水栓金具を取り扱っているショールームから、TOTOなど、システムバスを扱っている国内メーカーのショールームまで、多彩なショールームがあります。こだわって、水回りを演出したい人は、ショールームを見て歩くと、楽しめますし、選択肢が広がります。

ただし、雰囲気にこだわる場合、施工先に正しくイメージが伝わらないと、満足のいくサニタリースペースが、完成しません。具体的に伝えることが必要です。自分たちのイメージに近い水回りの写真や、ショールームで気に入ったカタログなどを、打ち合わせの時に見せて、自分たちの思い描いている理想のイメージを、正確に伝えることが大切です。

お客様の多い家庭
家族の人数に関わらず、お客様の多い家庭では、洗面所と脱衣所が、分かれている間取り、又はサブ洗面台がある間取りが便利です。洗面所は、家族が毎日使う場所で、歯ブラシやタオルなどの衛生用品もたくさん置いてあります。兼用の場合には、洗濯機も置いてあることが多いでしょう。

水回りをまとめる場合は、浴室と脱衣所は、行き来できるが、洗面室は、別に出入り口がある間取りにすると、洗面室が独立します。このような間取りであれば、お客様に対しては、家族のプライベートな空間を見せたくないという思いは、解消されます。

洗面所という衛星的な場所に、他人が入ってくるのは、嫌だという場合には、サブ洗面台が便利です。玄関のそばなどに、サブ洗面台があれば、脱衣所と洗面所を兼用にしても、洗面所に、洗濯機や洗濯物入れを置いても、気になりません。玄関近くに設置するサブ洗面台には、子供が帰宅してすぐに、手洗いうがいができるという便利さもあります。また、ダイニングに設置すれば、お客様が食事の前に手洗いができます。

洗面所の出入り口は、引き戸にすると、開閉時のドアが邪魔にならないので広く使えます。引き戸は、開けっ放しにしても、邪魔にならないので、湯気がこもりがちな脱衣所、洗面所の換気にも役立ちます。

最低限必要な広さ 
洗面所と脱衣所を兼用する場合の、標準的な広さは約2畳です。この広さがあれば、洗濯機を置いても、ストレスなく、朝の身支度を整えたり、入浴準備をしたりできます。床面積を節約する為に、これ以上狭くしてしまうと、使い勝手の悪い脱衣・洗面所になってしまいます。2,5畳取れれば、収納スペースも作れます。

洗面所を独立させる場合には、脱衣所+洗濯機+収納で1,5畳、洗面所に1畳必要です。脱衣所+洗濯機+収納に2畳にすると、ゆったり使えます。

Works(株)ホープスの建築実例

トイレの間取りで注意すること

浴室や洗面所と並べる、階段下などのデッドスペースを利用するなど、トイレの位置は、様々ですが、家族の暮らし方によって、使いやすいトイレの位置は、変わってきます。また、2階建て、3階建ての家では、各階にトイレがあるほうが便利かもしれません。家族にあったトイレの位置と、数を考えてみましょう。

夫婦2人と子供が複数いる家族の場合には、トイレは2つあると便利です。家族の居室に位置にもよりますが、1階にリビングダイニング、3階に子供部屋というような間取りでは、1階と3階にトイレがあると便利です。子供部屋のある階に、サブ洗面台も作ると、朝の身支度で、1階の洗面所が混みあわずにすみます。

夫婦だけの暮らしで、浴室・洗面・トイレをワンルームにまとめている場合、お客様が使えるトイレがあると便利です。例えば、浴室は1階にあり、リビングが2階にある場合には、2階にもトイレを作るというように、リビングのそばにトイレを作る間取りです。お客様がほとんどない場合、夫婦だけの暮らしでは、トイレは一つで足ります。

また、夫婦の寝室が3階にある場合、高齢になった時のことを考えて、寝室のそばに、トイレを作っておくのも良い方法です。夜中に階段を下りずに、トイレを使えます。

ただし、2階、3階にトイレを作る場合、排水音が階下の部屋に響きます。1階にリビングがある場合には、リビングに排水音が響かない位置ということも、考える必要があります。

その他、トイレの位置で注意したいのは、ドアの開閉方法です。玄関の近くにトイレがあるお宅に行って、気まずい思いをした経験はありませんか?宅急便の配達員や、回覧を持ってきた近所の人が玄関にいると、トイレから出てきた人と、視線が合ってしまいやすいのです。トイレの位置を、そこにしか間取りの都合上、作れない場合には、ドアの開閉方向を工夫して、視線を合うことを回避します。

それほどこだわりがない人にとって、浴室、洗面所、脱衣所、トイレの間取りは、間取りプランを作る際には、それほど重きが置かれない部分かもしれません。しかし、暮らし始めてみると、浴室、洗面所、脱衣所、トイレの間取りは、暮らしやすさに直結する部分でもあります。

家族構成、家族の暮らし方、家族の生活時間帯などを、具体的に思い浮かべて、自分たち家族にとって、最も使いやすい浴室、洗面所、脱衣所、トイレの間取りを作り、快適な暮らしが出来る家を、実現させてください。

HOPEsの狭小住宅への思い

 

ホープスは、狭小住宅での快適な暮らしを実現させたいという思いで、すべての住宅の建築に向き合っています。根本にあるのは、狭小住宅での快適さとは、無駄を省いたシンプルな暮らしにあるのではないかという考え方です。

敷地の形、道路や周辺の環境に合わせて、日当たりと風通しの良い家、プライバシーを確保できる家、高いインテリア性と優れた住宅性能を持つ暮らしやすい家、安心して暮らせる防犯性の高い家をご提案します。

狭いから快適さをあきらめるのではなく、より快適な暮らしを目指して、施主様のご希望に沿った家にしていきます。

狭小住宅としての参考になる建築実例がたくさんございます。ぜひご覧ください。

Works(株)ホープスの建築実例

Follow me!

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

狭小住宅 浴室・脱衣所・洗面所はどう組み合わせる?

                        狭小住宅でのキッチン以外の水回りは、どうしても他の部 […]

狭小住宅は収納が暮らしやすさのポイント

部屋をすっきりさせる為には、散らからない部屋にする必要があります。散らからない部屋とは、使いたい時に、スムーズに必要なものを取り出せ、使い終わった時には、簡単にしまえる収納がある部屋です。ただし、部屋が狭いからと言って、 […]

狭小住宅で使いやすいキッチンの間取りと施工事例

キッチンは、毎日の生活で必ず使う場所です。動きやすいこと、片付けやすいこと、常に清潔に保てることは、キッチンの基本的な条件です。そして、狭小住宅のキッチンは、リビングやダイニングと繋げた間取りにし、ワンフロア全てを使うこ […]

注文住宅を建てる為の準備から入居までの流れと、東京の狭小住宅特有のチェックポイント

家族の為に家を建てることは、人生の一大事のうちのひとつです。建築の専門家でもない限り、家を建て慣れている人はいないでしょう。莫大な費用をかけ、慣れていないことをする初めての家づくりは、わからないことも多くあります。 特に […]

狭くても散らからない狭小住宅の収納

収納は家族の動線に合わせる 狭小住宅は、横に移動距離に比べて、縦の移動距離が長くなりがちです。その為、家族それぞれの居室と玄関、家族それぞれの居室とリビングの移動、家事の為の移動には、階段を使うケースが多くあります。その […]

Homeへ