構造のプロがつくる、大きな窓と吹抜が魅力のゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)

作業台とつながるダイニングテーブルのあるキッチンダイニング

大きな窓から光が差し込む、自然の力を生かしたパッシブハウス

おもて通りから一本入った閑静な住宅街にたたずむ、大きな窓が印象的な白い邸宅。ここはM様夫婦が生まれ育った街だ。前職を通じてホープスと知り合ったというM様。数ある会社の中からどうしてホープスを選んだのか、ホープス代表・清野廣道氏と設計担当者・三浦泰裕氏が話を聞いた。

hopes_matsuzaka019

ゼロ・エネルギー・ハウスの補助金を取りませんか?

まずは、ホープスを選んだ動機から教えてください。建築関係のお仕事をしていたM様がどうしてホープスを選んだのでしょうか?

「社長が本当に建築、住宅とか本当に好きなんだな~と知ってましたから、家を建てるときはホープスさんにお願いしようとずっと思ってました。ハウスメーカーは候補から外してたし、大手じゃなきゃ安心できないという気持ちもありませんでした。と言いつつ、実は無印良品の家もいいなと検討したんです(笑)。ところが無印も同じSE構法ではあるんですが、仕様がある程度決まっていて、全部自分の思い通りにはならないから合わないなと打合せをしてみて感じました。そこでホープスさんにお願いすることにしました」

「うちは何もやってない」と清野社長が笑うほど、建築の構造設計の仕事に携わっていたM様は、自身でプランニングをしてきたという。ただ「ゼロ・エネルギー・ハウスの補助金を取りに行きませんか?」ここはホープスの方からの提案だ。

「いろいろ調べてみたらソーラーパネルがすごいお得だということを知りました。そこでソーラーパネルの事をホープスさんに相談したら『これならゼロ・エネルギー・ハウスの補助金が申請できるよ』と教えてもらいました。『申請書類を作ったり、設計を変えたりで2か月くらい遅れるけど、どうする?』と聞かれましたが、即決しました。実は、他の工務店だと枠があまりなかったみたいなんですが、ホープスさんだと補助金枠があるグループだったので、無事申請して承認されました。」

太陽光パネルを屋根に乗せることにより、電力を自給自足するゼロ・エネルギー・ハウス。自然環境の力を利用して、必要最小限の冷暖房で快適に過ごすことができる。そんな自然に優しい家を作り、補助金をゲットできたというわけだ。

子供たちの遊び場になったホール

自分でできるところは自分で作りました

M様がプランニングしてきたものを、ホープスの方で実現に向けて具体化していくという打合せを何回も繰り返して、理想の家は出来上がったという。

「プランニングだけではなく、実は自分でできるところは作ってしまいました。カーテンレールを付けたり、ダイニングの電球を付けたり・・・・・。階段の網もうちの親父が付けてくれました。実は床の蓄熱もいろいろ考えて、ペットボトル蓄熱というのも自分で並べるだけだからいいなと思ったんですよ。でもうちの床だと交換が難しいので、最終的にが床下にエアコンを入れて、蓄熱効果を上げるコンクリートブロックを入れることになりました。」

M様邸は、1階がキッチンとリビング&ダイニングと和室、ウォークスルークローゼット。2階に子供部屋とバスルームとトイレ、寝室となっている。奥様は、キッチンで料理をしながら、2階で遊んでいる子供たちを見えるのが安心だという。そして、ご主人の安心な場所は?

「2階の奥がプライベートな空間(部屋)になっています。トイレとバスルームに鍵なんてなくてもいいかなと思ったんですが、寝室からだけ鍵をかけられるようになってます。ウォークインクローゼットは、壁をベニヤにしてIKEAで買ってきた可動棚やハンガーパイプを自分で取り付けました。」

ウッドデッキと緑のある癒しの庭

家族の反応は?

「子どもの友達が来た時も、リビングとキッチンをぐるぐる回って、運動会のように賑やかでした。」と嬉しそうに奥様が教えてくれた。生まれたばかりの赤ちゃんと3歳、2人の男の子の真っ最中の奥様も、この新しい家を気に入ってるそうだ。ウッドデッキもできたので、夏には子供用のプールも置こうと思っているという計画も話してくれた。引越してから子どもの笑顔が増えたというのも頷ける。

ホープス清野社長からウッドデッキの楽しみ方のこんなアドバイスもあった。

「最近凝っているのは、ウッドデッキにラグを敷き、クッションとローテーブルを置いて食事をすること。椅子とテーブルより、そっちの方が気持ちいい。そこにハンモックをひいたら、キャンプがここで楽しめますよ。」

清野氏からの提案にM様夫妻もビアガーデン要望がムクムク出てきたよう。

「確かに家でキャンプが楽しめますね。ランタンとか外光も興味あるんで、何かつけたいです。ようやく塀もできたことですし、ここでキャンプ気分とかいいですね。部屋の中ではテレビ台の買い替えなど徐々にいろいろ充実させていく予定です。」

今後M様邸は、ますます心地よい空間になっていくだろう。

壁が合板仕上げでギャラリースペースになる玄関水回りを一つにまとめたパウダールーム

M様自身の家づくりを追ったブログもあるので、興味のある方は読んでみてはいかがだろうか。

Movie:構造のプロがつくる、大きな窓と吹抜が魅力のゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)

WORKS:構造のプロがつくる、大きな窓と吹抜が魅力のゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)
お客様のBlog:まつじゅんブログ

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

3匹の猫と暮らす。バルコニーでくつろぎ、ガレージで遊ぶ、暮らしを楽しむ家

幹線道路から一本入っただけで、東京の下町には、昭和の風情香る懐かしい街並みが広がっていた。角を曲がった瞬間、まぶしいくらいに真っ白な外壁のお宅が目に飛び込んできた。Y様ご夫妻が新築された家だ。 1階には大きなガレージ。そ […]

遊び道具もたっぷり収納!好きなものに囲まれて、家族で楽しみながら暮らすフルリノベーション

ポップなアメリカのカップやビンテージ雑貨、海の写真集など家主の好きなものがセンス良く置かれているSさん邸。中古の一軒家をリフォームされました。 7歳と5歳のお子様がいるSさん夫婦は、どうやってこの空間を手に入れたのでしょ […]

おうちの中心はリビング。家族が集まる小上がりのあるダイニング

最寄り駅から、緩やかな坂をのぼった高台に建つT様邸。若いご夫婦と、2歳と0歳のお子様の4人家族のための家は、奥様が憧れていた「白く開放感のある家」そのもの。ハイサイド窓から柔らかい光が降り注ぐLDKには小上がりが設けられ […]

参考にしたのはビジネスホテル!実用性と収納を極めた低炭素二世帯住宅

参考にしたのはビジネスホテル!実用性と収納を極めた低炭素二世帯住宅 私鉄沿線の最寄りの駅から近く静かな住宅街にあるT様邸。取材日は、近所の神社のお祭りで賑やかな出店がたくさん出ていて、子供達がみんな楽しそうな雰囲気でした […]

趣味の空間に住む、ガレージをいつでも感じる家づくり

趣味の空間に住む、ガレージをいつでも感じる家づくり 多摩川沿いを歩くと見えてくる白と黒が映えるK様の邸宅。多摩川沿いの住宅地の中でも先端にあるので、かなり目立つ存在だ。外からは気がつかないが、中に一歩入ると車を何台か置け […]

Homeへ