あえて収納を減らす子供と楽しむ住まいのリノベーション

_MG_3395

あえて収納を減らす、子供と楽しむ住まいのリノベーション

リフォームして新たに生まれ変わったM様邸。無垢のフローリングにラワン合板のしつらえがとても美しいシンプルなお宅は、木と家族のぬくもりがいっぱいにあふれている。

_MG_3398

少ないモノで豊かな暮らし

まるでカフェのような優しい雰囲気のM様邸。約2ヶ月かけたリフォームで家の明るさがだいぶ変わったという。すっきりとシンプルな室内は開放感にあふれ、とても気持ちのいい空間だ。リビングからダイニング、そしてキッチンまで一度に見渡せる部屋には、穏やかな空気がいつも流れている。

「これから手を入れていきたいところは?」との質問に、「収納は今回あえて少なくしてもらったので、その収納量で足りる生活をしたい。」と奥様。その通り、整理収納が行き届いた素晴らしい暮らしぶりが伺える。テレビ台にはラワン合板を使用し、無機質な電化製品をきれいに収納しているところが印象的だ。

M様邸は、すっきりとシンプルな佇まいが魅力。室内で目に入るものは厳選し、それ以外はきちんと収納するのがこだわり。一般のお宅では悩みどころとなる玄関収納もご覧の通り。

生活感が出やすいキッチンも、見事に整理されています。奥様のこだわりはラワン合板の食器棚。腰高で使いやすく、陽射しがたっぷりと降り注ぎます。散らかりやすい食器類も木の温もりの中にきちんと納まります。ステンレスシンクと木の質感が品よくマッチし、優しさのあるキッチンが出来上がりました。

機能性重視で味気なくなりがちのバスルームも、気をふんだんに使うことで、こんなに柔らかい空間に。あわただしい朝も優雅な気持ちで過ごせそうな、明るさにあふれるバスルームになっている。

_MG_3379

玉手箱のような子供部屋

打合せの時はとても楽しかったという奥様。「予算とやりたいことの戦いでしたが、あれこれアドバイスをしてもらいました。施工中もできあがった部分を見たら、やっぱりこうしたいとイメージが変わって一緒に考え直してもらったり。」M様みずから設計・施工に積極的に参加し、「ご自身で建てた家という感じがしますね」とホープスさんも語る。

家の中はお子さんがいる家庭なら憧れてしまうような木のインテリアがいっぱい!ご夫婦で選び抜いた家具や遊具がずらりと並んでいる。表紙が可愛い絵本がディスプレイされた本棚、ガラガラとすぐ引き出せるおもちゃ箱、大きな白いテントに黒板付きの可愛いテーブルまで!大人も思わず遊び心がくすぐられる楽しい空間だ。

_MG_3275

決め手は「感性が合うかどうか」

リフォームを依頼するに会社を探していたM様が、ここにしよう!と思った決め手はHPだったという。「白い外観、白い箱みたいな可愛い感じの家が多くて、好きな感じが多かったので。」実際のお宅も、フローリングの無垢材や建材のラワン合板と白い壁との組み合わせがとてもセンス良く美しいため、可愛いお嬢さんが遊ぶ姿も絵になる素敵な家に変身した。「担当者の方とお話ししたとき、私のこだわりがちゃんと伝わってるなと感じたんです。“こうしたい”と伝えても、返された返事に“いや、そうじゃないんだよな”と思うことってありますよね。でも、ホープスさんの答えには、“あ、そうです!”という感触がありました。」ご主人も「作っていく上で、感性が合うかどうかがすべて。一生一度の大きな買い物ですから。」という。いかにフィーリングが合う工務店を選ぶかが、満足のいく家づくりのポイントといえそうだ。

これに対し、ホープスさんは、「僕たちが意識しているのは、暮らし方からしっかりお聞きしていくこと。こういうことを求めているのかなぁと想像しながらヒアリングをしています。」ヒアリングは結構相手を探すのに似ている。会ってみて、お付き合いしていいのかな、波長が合うのかなって思うでしょ?そういって笑うホープスさん。「何社か同じことを相談しても返ってくる返答が全然違う。それが面白かったですね。選びがいがありますよ。」とM様。よい家は、お施主様と工務店のマリアージュによって生まれていくのかもしれない。

_MG_3402

Movie:あえて収納を減らす、子供たちと楽しむマンションフルリノベーション

Works:あえて収納を減らす、子供たちと楽しむマンションフルリノベーション