清野廣道の家づくり ちょっと世間話・デザイン住宅でインテリアを考えるときに注意しないといけないこと

「北欧風のおしゃれな家に憧れる」
「子どもが生まれて賃貸住宅が手狭になったので、新しい家に引っ越したい」
といった考えをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
新築物件のインテリアを考えることはとても楽しいですよね。
それと同時に「いざ生活してみると、不便さを感じてしまった」という失敗例も多くあります。
これは、インテリアのおしゃれさを求めるあまり、利便性に気を使っていなかったことが原因です。
住宅が完成した後に作り直すことは、手間がかかり、かなり難しいですよね。

そこで、今回はデザイン住宅の失敗例とともに、インテリアを考えるときに気を付けることをご紹介します。

 

□デザイン住宅の注意点

*コンセントの数と位置

掃除機をかけるときにコンセントの数が少ないと困りますよね。
このような事例を避けるためには、電気設備の打ち合わせをする時点でコンセントの数をよく考えておく必要があります。
まず、使う家電を頭の中で想像し、どこにコンセントがあれば、使い勝手が良いか考えてみてください。
また、コンセントの数を多くしすぎても、家具の配置により使えなくなってしまうかもしれないので、家具の配置も事前に考えておきましょう

*出入口が狭く、家具や家電の搬入ができない

家具を購入したのに、出入口が狭く搬入できず、思っていた場所と違う位置に配置しないといけなくなったことはありませんか?
このような事態を避けるために、使いたい家具があらかじめ決まっているなら、幅を測っておきましょう。
室内に置く家具については、考えることを後回しにしがちですが、なるべく早く決めておくと、間取り決めに役立ちますよ。

*各部屋のスペース配分を間違えた

新しく家を購入するとき、部屋も収納スペースも広い方が良いのでしょうか?
もちろん狭すぎることは、窮屈に感じて暮らしにくいですよね。
同じように、広すぎることで失敗することも多いです。
例えば、リビングを広くすると、冷暖房が効かない場所が出てくるかもしれません。
他にも、掃除をするときに部屋が広すぎると、時間がかかってしまい負担になります。
このように、部屋が広すぎることも難点になってしまいます。
また、廊下やキッチンは、複数人がすれ違います。
すれ違ってもぶつからない程度にスペースが取れているか確認しましょう。

 

□まとめ

せっかく家を買ったのに、不便で毎日ストレスがたまる状況は避けたいですよね。
インテリアを考える上で重要なことは、新居での生活をイメージすることです。
注意点に気を付けて、デザイン住宅に挑戦してみましょう。

著者情報

清野 廣道

清野 廣道

株式会社ホープス代表 
一級建築士
横浜市出身・1995年7月ホープス設立
限られた敷地条件を最大限に活かした、風・光・緑の感じることのできる空間提案を心がけています。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・くらし方のデザイン、オープンキッチンのメリットとは?

「子どもの顔を見ながら安心して料理をしたい。」 「おしゃれで開放感のあるキッチンを目指したい。」 とお考えの方はいらっしゃいませんか? 特に1日の多くをキッチンで過ごす女性にとって、キッチンのレイアウトはこだわりたいです […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・くらし方のデザイン、無垢フローリングのメリットとデメリット

「どうしても湿気で床がジメジメしてしまう…。」 「フローリングをどうすればよいのか分からない…。」 「無垢フローリングは手入れが大変そう…。」 といったフローリングに関するお悩みをお持ちではないですか? フローリングは、 […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・【くらし方のデザイン】ベランダでガーデニングする方法をご紹介!

ベランダでガーデニングをしてみませんか? この記事では、ベランダでガーデニングをする方法について解説します。 最近では、くらし方のデザインという言葉がよく聞かれるようになりました。 ただ淡々と日々を過ごすのではなく、何か […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・くらし方のデザイン|ドアの特性を知って適切に配置しよう

ドアは日々の生活内に溢れており、開き戸や引き戸など様々な種類がありますよね。 ドアがあることで、生活する空間を用途によって分けることができます。 しかしその種類によっては、適している場所と適していない場所があることをご存 […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・くらし方のデザイン|無垢材フローリングのメリットとデメリット

「床にまでこだわって家を建てたい」 「天然素材にこだわって家を建てたい」 このようなご要望をお持ちではないでしょうか。 床の色合いや質感によって、その部屋が人に与える印象が変わります。 そこでオススメするのが「無垢材フロ […]

Homeへ