くらし方のデザイン|無垢材フローリングのメリットとデメリット

「床にまでこだわって家を建てたい」
「天然素材にこだわって家を建てたい」
このようなご要望をお持ちではないでしょうか。
床の色合いや質感によって、その部屋が人に与える印象が変わります。
そこでオススメするのが「無垢材フローリング」です。
近年話題になりつつある無垢材フローリングについて、そのメリットとデメリットをご紹介します。

□無垢材フローリングとは
無垢材フローリングとは、一般的なフローリング素材のように木を継ぎ足したり重ね合わせたりせず、切り出した天然の木材を使用した床の形式です。
使われる木には硬い質感の木や柔らかい質感の木など様々あり、好みによって使われる木を決めることができます。

□無垢材フローリングのメリット

*木の質感を楽しめる
切り出した木材を使用するため、木目や木の模様を楽しむことができるフローリングになります。
木によっては落ち着いた雰囲気やシックな雰囲気を創り出すことができます。
また、切り出された木材は多くの空気を含んでいます。
そのため、熱の伝導率がタイルやコンクリートに比べ低く冬のような寒い時期でも温もりを感じることができます。

*経年によって味が出る
自然素材の木は年が経つとともにその色合いが変わっていきます。
また、年が経つたびに艶が出てくるので、フローリングの変化を楽しむことができます。

*調湿作用が優れている
天然の木材は調湿機能が優れています。
夏場のようなジメジメした湿気の多い時期では、木材が水分を吸収し湿度が抑えられ快適に過ごしやすくなります。
冬場では乾燥を抑えるために、水分を外へ出すため乾燥を抑えることができます。

□無垢材フローリングのデメリット

*膨張と収縮
天然の木には調湿作用があるため、水分を吸収した場合は膨張し、外へ出した場合は収縮します。
この機能によってフローリングに隙間ができる可能性が高く、ホコリなどが隙間に溜まることがあります。

*傷が残りやすい
天然の素材を使用しているため、モノを落とすなどで床が凹む可能性が高いです。
また、犬や猫などのペットを飼われている方は、引っかき傷などが付きます。
しかし、水を含ませ膨張させる、表面を削り出すことによってある程度の傷を目立たなくさせることができます。

*水に弱い
水をこぼした場合などすぐに水を拭かないとシミになります。

□まとめ
無垢材フローリングのメリットとデメリットをご紹介しました。
自然の素材でできているためデリケートに扱う必要がありますが、長い時間をかけて変化していく楽しみを味わうのはいかがでしょうか。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

色合いで変わる!スペースを広く見せる家具選びのポイント

「広くないスペースを広く見せたい」 このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。 お部屋を広く見せるために、家具やインテリアの大きさや配置には気を使われると思います。 しかし、その家具やインテリアの色合いにまで気を使われ […]

くらし方のデザインガイド!家具・インテリアにこだわる

「家のインテリアを考えている」 「こだわりを追求したい!」 このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は、暮らし方のデザインに関連して「壁紙からこだわりのインテリアを考える」という観点からお話しします […]

【くらし方のデザインガイド】快適に過ごせる間取りの特徴とは?

「こだわり抜いて考えた家の間取りにしたい!」 長く住む家だからこそ、このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、家族にとって最適な「間取りの特徴」についてご説明します! □くらし方のデザイン […]

くらし方のデザイン、下見の際の持ち物には何が必要?

「物件の下見に行きたいが、何に気を付ければよいのだろう?」 「下見の際に必要な持ち物は何だろう?」 皆さまの中に、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか? 物件選びを成功させるためにも、下見の準備は非常に大事になりま […]

くらし方のデザイン、オープンキッチンのメリットとデメリット

「オープンキッチンにしたいけど、デメリットには何があるのだろう?」 「どんなキッチンにしたら良いのだろう?」 住宅購入をお考えの皆さまの中に、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか? オープンキッチンはやはり住宅購入 […]

Homeへ