デザイン住宅の外観の注意点!東京の業者が解説いたします!

「デザイン住宅に住んでみたい…」
「クオリティの高い外観、デザインにこだわってみたい…」
「建築する上で注意点はあるだろうか…」
このようなお考えをお持ちの方はいらっしゃいますか?
この記事では、デザイン住宅を建築して居住したい方に向けて、デザイン住宅の外観の注意点について解説いたします。

□デザイン住宅の外観の注意点

デザイン住宅を建てる際、やはり外観のデザインにはこだわりを持ちたいですよね。
しかし、デザイン住宅の外観をデザインする上で、いくつか注意点が存在します。

注意点は以下のように場合分けできます。

・キューブ状の建物にデザインする場合の注意点

・外国風の住宅にデザインする場合の注意点

・派手な色でデザインする場合の注意点

・和風住宅にデザインする場合の注意点

以下からそれぞれの場合ごとに解説していきます。

*キューブ状の建物にデザインする場合の注意点

街中で時々、非常にシンプルなキューブ状の住居を見たことはありませんか。
周りの住居やマンションの中でも、非常にシンプルな住居であり、目立つ住居ですよね。
キューブ状の建物にデザインする場合、有効面積を広く取らなくてはならないことに注意してください。
有効面積を広く取らなくてはならないため、土地や他の住居との間隔もある程度広く取ってください。

*外国風の住宅にデザインする場合の注意点

北欧やヨーロッパのデザインを住居に取り入れる場合の注意点は、「暖炉」と「煙突」です。
暖炉を家の中に取り入れる場合、セットで煙突をデザインすることが一般的であると思われます。
最初から暖炉をデザインであると割り切り、使用しないのであれば問題はありません。
しかし、暖炉を使用することを想定している場合、灰が近所に迷惑をかけてしまったり、洗濯物に灰がかかってしまったりすることがあります。
灰が出ない暖炉や薪ストーブを導入して対処することをオススメします。

*派手な色でデザインする場合の注意点

派手な色を住居に導入する場合、外壁の汚れや劣化が注意すべき点となります。
派手な色の外壁や屋根は、汚れや劣化が目立ってしまうので、定期的にメンテナンスしてください。

*和風住宅にデザインする場合の注意点

和風住宅にデザインする場合の注意点は、囲炉裏やこたつの設置場所です。

囲炉裏やこたつを導入する場合、ある程度の面積を確保することが重要です。
事前に面積を見積もっておいてください。

□まとめ

この記事では、デザイン住宅を建築して居住したい方に向けて、デザイン住宅の外観の注意点についてご解説しました。
当社に興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

デザイン住宅の間取り、広く使うためにできることって?

「土地は広くないけど、なるべく住宅を広くしたい…」 「デザイン住宅の間取りはどのように決めたら良いのだろう?」 デザイン住宅の購入をご検討中の皆さまの中に、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか? 都心や住宅街では、 […]

デザイン住宅の外観における事例についてご紹介します

「住宅の外観を外国風のオシャレな雰囲気にしたい!」 「和風の落ち着いた雰囲気の外観がいいな」 デザイン住宅の購入をご検討中の皆さまの中に、住宅の外観についてお考えの方はいらっしゃいませんか? 外観はお家の印象を決める最も […]

デザイン住宅の外観はどのような感じなのか、事例をご紹介

「デザイン住宅を建てたいけれど、どんな外観にしようかな。」 「デザイン住宅の外観の事例が知りたい。」 と、デザイン住宅の外観にお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、デザイン住宅の外観についてご紹介 […]

デザイン住宅って何?魅力を高めるためのコツを解説

「デザイン住宅って何??」「自分で住宅を考えるのは難しそう。」 と、住宅の購入をお考えの方は、デザイン住宅について情報を集めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、デザイン住宅の特徴とその魅力を高める […]

デザイン住宅をご検討中の方へ、よくある後悔とその対策

見栄えのいいデザイン住宅を建てると、自慢の家にすることが出来、誰かを招待したいと思えるはずです。 素敵なデザイン住宅に暮らしているというだけで、近隣からもうわさの的になりますし、優越感に浸る事も出来るようになります。 素 […]

Homeへ