パッシブデザインの間取り、その工夫をご紹介していきます!

「今、注目を浴びている家のデザインにパッシブデザインというものがあるらしい…」
「パッシブデザインの住宅を建てたいな…」
「間取りに工夫すべきポイントはあるのだろうか…?」
このようなお悩みをお抱えの方、いらっしゃいますか?
この記事では、デザインにこだわった住宅を建てたい方へ、パッシブデザインの間取りや工夫についてご紹介します。

□パッシブデザインを考えた間取り

「パッシブデザイン」とは、間取りなどを工夫することによって、冷暖房などのエネルギーを消費せずとも、自然の力を利用して換気や採光を行えるデザインです。

パッシブデザインを考えた間取りのアイデアを以下に列挙します。

・採光を工夫するアイデア

・換気を工夫するアイデア

・断熱を工夫するアイデア

以上の3つがアイデアとして挙げられます。

それでは、それぞれのアイデアや工夫についてご紹介していきます。

*採光を工夫するアイデア

パッシブデザインで採光を工夫する際、「吹き抜け」を設計するアイデアが存在します。
吹き抜けを設計することで、空間に開放感をもたらしつつ、昼間は照明器具に頼らずとも部屋全体が太陽光によって明るく照らされる室内を実現可能です。
また、太陽光による熱を利用するアイデアも存在します。
特に冬場は、南側に太陽光が長時間差します。
この性質を利用して、南に熱を蓄えるタイル張りの床を導入すると、昼間の太陽光の熱を床が蓄え、夜には蓄えられた熱が床から放射されることにより、寒さを和らげる効果が期待できます。

*換気を工夫するアイデア

自然の風を利用するアイデアや工夫も、パッシブデザインには大切です。
部屋の間取りを考え、自然の風がどこから吹くのか、どこから抜けていくのかを考えた間取りを意識してください。
窓や玄関はもちろん、換気扇などの位置も考慮に入れることをオススメします。

*断熱を工夫するアイデア

冷暖房がかかっている空間は快適ですが、その空間以外の断熱性能が高くないと、冬場や夏場・季節の変わり目などで激しい温度変化が起こってしまい、体調不良などを起こす可能性があります。
外壁の断熱性を上げる、エネルギーマネジメントシステムを導入するなどして、家全体の断熱性能の向上を図ってください。

□まとめ

この記事では、デザインにこだわった住宅を建てたい方へ、パッシブデザインの間取りや工夫についてご紹介しました。
当社では、小さくてもその中で自分達に合った、自分達らしい暮らし方を実現可能なデザイン住宅をご提供しております。
興味を持たれた方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

パッシブデザインの特徴は?東京のデザイン住宅会社がご紹介します!

「最近、パッシブデザインの住宅が流行っているらしい…」 「省エネな住宅だし、ライフスタイルに合うかも…」 「パッシブデザインの特徴とメリットが知りたいな!」 このようなお悩みをお抱えの方はいらっしゃいますか? 最近注目を […]

パッシブデザインでできる間取りの工夫について紹介

省エネのことを考えた家に興味があるならば、建物の構造をよく考えなければいけません。そこで注目されているのがパッシブデザインです。 自分からは動かない、受動的、消極的という意味をもつパッシブという名詞が使われているこの言葉 […]

パッシブデザインの手法や考え方について解説します

現在住宅を建てるときに増えているのは、パッシブデザインです。 積極的に自然のエネルギーを活用する住宅のことですが、一般的にはまだまだ理解されていません。 そのためこれからマイホームを建てようとしたときに、言葉の意味が分か […]

パッシブデザインから考える空調の流れの工夫

パッシブデザインとは、受動的に太陽や風といった自然エネルギーを取り入れ、省エネルギーで快適に住める事です。 ここからわかるのは、パッシブデザインの上手なところは太陽の光を温暖に変えたり自然に流れるかぜを味方にして快適な住 […]

パッシブデザインで取り入られている手法を実例とともにご紹介

「パッシブデザインってどんなデザインなの?」 「パッシブデザインの目的や特徴とかも知りたい。」 このような思いはお持ちではないでしょうか? パッシプデザインとは何と思われてる方もたくさんいらっしゃると思います。 簡単い言 […]

Homeへ