【くらし方のデザインガイド】快適に過ごせる間取りの特徴とは?

「こだわり抜いて考えた家の間取りにしたい!」
長く住む家だからこそ、このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、家族にとって最適な「間取りの特徴」についてご説明します!

□くらし方のデザイン

*間取りのサイズ

ここでは、3人家族が快適に過ごせる間取り・広さに関する基本的な考え方を紹介していきます。
就学前の子供がいるご家庭では、「子育てのしやすさ」がポイントになります。

*2LDK?それとも3LDK?

家族3人であれば、2LDKか3LDKのどちらが快適か迷われているのではないでしょうか?
子供が大きくなったときのことも踏まえたうえで、余裕のある間取りにしたいですよね。
家族全員が個室を持つのであれば、3LDKが最適かもしれません。
家族3人で3LDKを有効活用するには、「部屋の数とその部屋を何に使うのか」ということを明確にしておくと良いでしょう。

□住みやすい間取り

「1LDKと2LDKなら間取りが広い方が快適なはず!」と思うかもしれません。
子供がいる家庭ではただ広いというだけでは「快適な間取り」にならないということをご存知でしょうか?

*キッチン

家で炊事を担当する人が一番多く時間を過ごすのが「キッチン」です。
そのため、キッチンの間取りを考えることは家づくりの中でも重要なポイントになります。
家事と育児がしやすい「オープン」キッチンを検討されてはどうでしょうか。
子供が遊んでいても目が届きますし、「アイランド」キッチンは移動がラクです。
最近は、余分な箇所を極力見せないキッチンが人気です!
デザイン性も抜群のオープンキッチンでこだわりの家づくりを始めましょう。

*動線

間取りを考える上で、「動線」の工夫は欠かせません。
「狭い間取りなら、気にするほど重要ではないのでは?」
このように考えてしまうかもしれません。
動線を考えた間取りの特徴として挙げられる「回遊性」をご存知でしょうか。
障害物のないスムーズな移動を可能にする「回遊性の高い間取り」はおすすめです。
家の中でよく使う場所と言えば、「キッチン・バスルーム・ベランダ」ではないでしょうか。
これらの動線を効果的に配置することで、行ったり来たりすることが減り、時間を節約することができます。
また、子供たちにとっても広々とした家で遊ぶことができるのでおすすめです。

□まとめ

以上、快適に過ごせる間取りの特徴についてご紹介しました。
今回紹介した記事を参考に自分のスタイルに合う「くらし方のデザイン」を検討されてはいかがでしょうか。
当社では、世田谷区に活動の拠点を置いており、家づくりに関して「建築設計・施工・監理」を中心としています。
家づくりのことなら何でもお任せください。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

くらし方のデザインガイド!家具・インテリアにこだわる

「家のインテリアを考えている」 「こだわりを追求したい!」 このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は、暮らし方のデザインに関連して「壁紙からこだわりのインテリアを考える」という観点からお話しします […]

くらし方のデザイン、下見の際の持ち物には何が必要?

「物件の下見に行きたいが、何に気を付ければよいのだろう?」 「下見の際に必要な持ち物は何だろう?」 皆さまの中に、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか? 物件選びを成功させるためにも、下見の準備は非常に大事になりま […]

くらし方のデザイン、オープンキッチンのメリットとデメリット

「オープンキッチンにしたいけど、デメリットには何があるのだろう?」 「どんなキッチンにしたら良いのだろう?」 住宅購入をお考えの皆さまの中に、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか? オープンキッチンはやはり住宅購入 […]

くらし方のデザイン、押さえておきたい素材の選び方

「家づくりはデザインだけでなく素材にもこだわりたい。」 「素材選びはどうやったらいいの??」 住宅購入をお考えの方にとっては、家づくりで使う素材も気になりますよね。 最近のデザイン住宅では、デザインだけでなく、その機能性 […]

くらし方のデザイン、家族が快適に過ごせるような家づくりって?

「家族が快適に過ごせる家をつくりたい。」 と、ご家族で住宅の購入をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 快適な暮らしを実現するためのポイント、気になりますよね。 そこで今回は、家族にとって快適な間取りや設計につ […]

Homeへ