デザイン住宅の間取り、広く使うためにできることって?

「土地は広くないけど、なるべく住宅を広くしたい…」
「デザイン住宅の間取りはどのように決めたら良いのだろう?」
デザイン住宅の購入をご検討中の皆さまの中に、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
都心や住宅街では、なかなか広い土地に家を建てることはできませんよね。
しかし、間取りの工夫次第でお家の空間を広くすることができます。
そこで今回は、住宅を広くみせる間取りについてご紹介します!

□無駄なスペースを取り除く

家を広くするために、最も基本的なのが無駄なスペースをなくすことです。
具体例として、廊下があげられます。
玄関から各部屋までの廊下をなるべく小さくすることで、部屋のスペースが確保できます。
また、使用する家具の寸法があらかじめわかっている時は、それらの大きさに合わせて間取りを考えることで、微妙な隙間やいらない空間をはぶくことができます。

□扉や仕切りをなくす

扉や仕切りは、視界を遮るため空間を狭く感じさせます。
なるべく、扉や仕切りをはずすか、透明なガラスを使う工夫をすると良いでしょう。
そうすることで、部屋が開放的になり、空間を広く見せることができます。
ただ、全ての仕切りを外してしまうと、空間の境目がわからなくなってしまうので、垂れ壁や腰壁のような視界を遮らず、空間を仕切れる壁を利用すると良いでしょう。

□ななめに扉を設置する

ななめの対角線は、縦横の線よりも長くなります。
そのため、リビング、ダイニングに入る扉を部屋の角から、対角にむけるように設置することで視線の通る先が長くなり、部屋を広く見せることができるのです。

□生活の動線を考えた間取りにする

動線とは人が移動するときの動きを線であらわしたもので、その中でも特に家事動線と生活動線が大事になります。
家事動線は、キッチン、選択、掃除をする上での移動で、生活動線は、リビングからトイレ、お風呂への移動です。
生活動線と家事動線がかさならないように、間取りをデザインすることで、家族のすれ違う回数を減らせ、無駄な動きを防ぐことができます。
人の動きの線に行き止まりを作らない事で、家を自然に広く使うことができます。

□まとめ

今回は、住宅を広く見せるための間取りについてご紹介しました。
土地は狭くても、間取りによって住宅の空間を広く使うことができます。
ぜひ、これらを参考に、広くて快適なデザイン住宅を手に入れてくださいね!
また、当社はお客様の理想を実現する住宅の設計を行っております。
何かデザイン住宅に関してわからない点や不安なことがありましたら、ご気軽にご相談ください!

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

家づくりのプロが解説!デザイン住宅を建てる際の注意点

「自分の思い通りの家を建てたい」 「デザイン住宅を建てたいが、どうすればいいわからない」 このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。 近年ライフスタイルの変化や価値観の多様化が進んでいく中で、個性を表す家を建てられる方 […]

デザイン住宅の外観の注意点!東京の業者が解説いたします!

「デザイン住宅に住んでみたい…」 「クオリティの高い外観、デザインにこだわってみたい…」 「建築する上で注意点はあるだろうか…」 このようなお考えをお持ちの方はいらっしゃいますか? この記事では、デザイン住宅を建築して居 […]

デザイン住宅の外観における事例についてご紹介します

「住宅の外観を外国風のオシャレな雰囲気にしたい!」 「和風の落ち着いた雰囲気の外観がいいな」 デザイン住宅の購入をご検討中の皆さまの中に、住宅の外観についてお考えの方はいらっしゃいませんか? 外観はお家の印象を決める最も […]

デザイン住宅の外観はどのような感じなのか、事例をご紹介

「デザイン住宅を建てたいけれど、どんな外観にしようかな。」 「デザイン住宅の外観の事例が知りたい。」 と、デザイン住宅の外観にお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、デザイン住宅の外観についてご紹介 […]

デザイン住宅って何?魅力を高めるためのコツを解説

「デザイン住宅って何??」「自分で住宅を考えるのは難しそう。」 と、住宅の購入をお考えの方は、デザイン住宅について情報を集めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、デザイン住宅の特徴とその魅力を高める […]

Homeへ