狭小住宅を明るく使いたい、採光性の工夫に関して解説

「お家の雰囲気を明るくしたいな」
「光がたくさん入るお家にしたいな」
狭小住宅の購入をお考えの皆さまの中に、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
光のあるお家は、自然と気持ちも明るくなりますよね。
そこで今回は、狭小住宅を建てる際の採光性の工夫について解説します。

□窓を工夫する

窓のデザインは、住宅の光の量を決める上でとても大事になります。
ここでは、採光性を上げるために行える窓についての3つの工夫をご紹介します。

*窓の向き
まず、一番基本となるのが窓の向きです。
光を取り入れるためには、東西南の3方位に窓を設置することが必要です。
特に、南向きの窓は長い間光が家に入りやすくなります。
しかし、光が入りやすくなればいいというわけではありません。
光が入りやすくなると、冬場は家の中が暖かくなり快適に過ごすことができますが、夏場は厳しい日差しで逆に快適に過ごしにくくなります。
そのため、採光性だけではなく風通しについても考える必要があり、風通しを良くするためには、基本的に2つの窓を向かい合わせに設置します。
採光性と風通しのバランスを考慮して窓の向きを決めましょう。

*窓の高さ

同じ向きに窓を設置したとしても、窓の位置が違うだけで入る光の量が異なります。
光が入ってくる角度は、季節によって大きく変化します。
夏場は、太陽高度が高く上から光が差し込み、冬場は、太陽高度が低く、低い位置から光が差し込みます。
夏場、冬場とも光が入る位置に窓を設置することが大切です。
また、天井に設置する天窓や、顔の高さよりも上に設置された高窓、床の高さに設置された地窓というように、窓の位置を工夫することで、外からのプライバシーを守りながら光を部屋に取り入れることができます。

*窓の形状

窓の形状も、採光性に大きく影響します。
普通の窓の大きさでは取り付けられないような狭い壁にも、小窓やスリット窓を設置することができます。

□住宅の構造を工夫する

狭小住宅では隣家との距離が近く、住宅が隣家の陰になりやすいですよね。
そのような場合、リビングダイニングを2階や3階に設置することで採光性を高めることができます。

□まとめ

今回は、お家を明るくするための採光性の工夫について解説しました。
光が入りやすいお家をデザインすることで、家の雰囲気も明るくすることができます。
ぜひ、これらを参考に明るい素敵なお家を手に入れてくださいね!
また、当社は狭小住宅のデザインを取り扱っております。
何かわからない点や不安なことがありましたらぜひ一度ご気軽にご相談ください!

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

狭小住宅|収納のコツと重視すべき場所を解説します!

家がもので溢れていては生活に支障がでてきますよね。 特に家の大きさが小さくなると、もので溢れやすくなります。 そこで重要になってくるのが収納です。 収納を上手に使うことで、家が狭くても家の中をもので溢れさせることもなく、 […]

狭小住宅をお考えの方へ!旗竿地のメリットとデメリット

「人気のあるエリアにどうしても住みたい」 このようなご要望をお持ちではないでしょうか。 人気のあるエリアは利便性がとても高く、多くの人にとって憧れの土地です。 しかし、そのような土地における地価は、他の土地よりも比較的高 […]

狭小住宅の特徴は?わかりやすく丁寧に解説します!

「新築で住宅を購入したいけど、どのようなコンセプトの家が良いかな…」 「広くて開放的な家も魅力だが、小さくてかわいい家も気になる…」 このようなお考えをお持ちの方はいらっしゃいますか? この記事では、住宅の購入を考えてい […]

狭小住宅建築のアプローチ、魅力的に見える要素って?

「お家は小さくても、アプローチを魅力的にしたい!」 「スペースが狭くてもアプローチは作れるのかな…?」 狭小住宅をお考えの皆さまの中に、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか? アプローチには、お家までの空間を魅力的 […]

狭小住宅の工事、足場の設置など気になることについて

「狭小住宅を考えているけど、工事はどんな感じなんだろう?」 「普通の住宅と何か工事で違う点はあるのかな?」 狭小住宅の購入をご検討の皆さまの中に、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか? 足場設置はできるのか、工事価 […]

Homeへ