清野廣道の家づくり ちょっと世間話・くらし方のデザイン、家族が快適に過ごせるような家づくりって?

「家族が快適に過ごせる家をつくりたい。」
と、ご家族で住宅の購入をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

快適な暮らしを実現するためのポイント、気になりますよね。

そこで今回は、家族にとって快適な間取りや設計についてご紹介します!!

 

□家族のライフスタイル考慮した設計

*生活導線を考慮する

特にお母さんが家事をする際の生活導線を考えて間取りをつくることをおすすめします。料理をしながら洗濯をしたい、洗濯機と干す場所は近くに欲しい、など、家事のスタイルに合わせて設計すると、家事が楽になりますね。

*リビングは家の中心に
朝家を出るとき、夜帰ってくるとき、必ずリビングで家族が顔を合わせることで、コミュニケーションをとれる機会が増えます。そのため、間取りを考える際はリビングを中心に持ってくることがおすすめです。

*キッチンはオープンに
お母さんにとっては、一日のなかでキッチンに立っている時間が一番長いという方も多いはずです。そこで、料理しながらお子さんが勉強している姿、遊んでいる姿が見えたら嬉しいですよね。
キッチンをオープンスタイルにすることで、家族とのコミュニケーションも増えてお料理する時間もより楽しくなるのではないでしょうか。

*子供部屋は区切らない
子供部屋を完全な個室にしてしまうと、お子さんが部屋から出てこなくなってしまうこともあります。そのため、成長ペース合わせて仕切りを広くする、など、プライベートの空間をうまく作ることをおすすめします。
お子さんが大人になって家を出るときは仕切りをなくして部屋を大きくすることもできます。

*収納にもこだわる
「キッチンの上の棚が高くて手が届かない。」
「クローゼットが家族それぞれの部屋にあって収納するのが面倒。」
と収納に困っている方もいらっしゃいますよね。
そこで、例えばキチンの収納棚は昇降式にして手が届きやすくし、クローゼットはファミリークローゼットで一つにまとめてしまうなど、収納に一工夫することがおすすめです。

このように、収納には出し入れのしやすさを意識してみると、片付けが楽しくなり、お子さんも片づけする癖がつきやすくなるかもしれません。

 

□まとめ

今回は、家族の快適な暮らしを実現するためのポイントについてお伝えしました。

家づくりにおいて最も大切なことは、業者選びです。理想の暮らしのイメージを実現してくれる業者を選んで、納得のできる家づくりをしてくださいね。

今回の記事が、住宅購入をお考えの方のお役に立てたら幸いです。

著者情報

清野 廣道

清野 廣道

株式会社ホープス代表 
一級建築士
横浜市出身・1995年7月ホープス設立
限られた敷地条件を最大限に活かした、風・光・緑の感じることのできる空間提案を心がけています。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・デザイン住宅でインテリアを考えるときに注意しないといけないこと

「北欧風のおしゃれな家に憧れる」 「子どもが生まれて賃貸住宅が手狭になったので、新しい家に引っ越したい」 といった考えをお持ちの方はいらっしゃいませんか? 新築物件のインテリアを考えることはとても楽しいですよね。 それと […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・くらし方のデザイン、オープンキッチンのメリットとは?

「子どもの顔を見ながら安心して料理をしたい。」 「おしゃれで開放感のあるキッチンを目指したい。」 とお考えの方はいらっしゃいませんか? 特に1日の多くをキッチンで過ごす女性にとって、キッチンのレイアウトはこだわりたいです […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・くらし方のデザイン、無垢フローリングのメリットとデメリット

「どうしても湿気で床がジメジメしてしまう…。」 「フローリングをどうすればよいのか分からない…。」 「無垢フローリングは手入れが大変そう…。」 といったフローリングに関するお悩みをお持ちではないですか? フローリングは、 […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・【くらし方のデザイン】ベランダでガーデニングする方法をご紹介!

ベランダでガーデニングをしてみませんか? この記事では、ベランダでガーデニングをする方法について解説します。 最近では、くらし方のデザインという言葉がよく聞かれるようになりました。 ただ淡々と日々を過ごすのではなく、何か […]

清野廣道の家づくり ちょっと世間話・くらし方のデザイン|ドアの特性を知って適切に配置しよう

ドアは日々の生活内に溢れており、開き戸や引き戸など様々な種類がありますよね。 ドアがあることで、生活する空間を用途によって分けることができます。 しかしその種類によっては、適している場所と適していない場所があることをご存 […]

Homeへ