くらし方のデザイン、家族が快適に過ごせるような家づくりって?

「家族が快適に過ごせる家をつくりたい。」
と、ご家族で住宅の購入をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

快適な暮らしを実現するためのポイント、気になりますよね。

そこで今回は、家族にとって快適な間取りや設計についてご紹介します!!

 

□家族のライフスタイル考慮した設計

*生活導線を考慮する

特にお母さんが家事をする際の生活導線を考えて間取りをつくることをおすすめします。料理をしながら洗濯をしたい、洗濯機と干す場所は近くに欲しい、など、家事のスタイルに合わせて設計すると、家事が楽になりますね。

*リビングは家の中心に
朝家を出るとき、夜帰ってくるとき、必ずリビングで家族が顔を合わせることで、コミュニケーションをとれる機会が増えます。そのため、間取りを考える際はリビングを中心に持ってくることがおすすめです。

*キッチンはオープンに
お母さんにとっては、一日のなかでキッチンに立っている時間が一番長いという方も多いはずです。そこで、料理しながらお子さんが勉強している姿、遊んでいる姿が見えたら嬉しいですよね。
キッチンをオープンスタイルにすることで、家族とのコミュニケーションも増えてお料理する時間もより楽しくなるのではないでしょうか。

*子供部屋は区切らない
子供部屋を完全な個室にしてしまうと、お子さんが部屋から出てこなくなってしまうこともあります。そのため、成長ペース合わせて仕切りを広くする、など、プライベートの空間をうまく作ることをおすすめします。
お子さんが大人になって家を出るときは仕切りをなくして部屋を大きくすることもできます。

*収納にもこだわる
「キッチンの上の棚が高くて手が届かない。」
「クローゼットが家族それぞれの部屋にあって収納するのが面倒。」
と収納に困っている方もいらっしゃいますよね。
そこで、例えばキチンの収納棚は昇降式にして手が届きやすくし、クローゼットはファミリークローゼットで一つにまとめてしまうなど、収納に一工夫することがおすすめです。

このように、収納には出し入れのしやすさを意識してみると、片付けが楽しくなり、お子さんも片づけする癖がつきやすくなるかもしれません。

 

□まとめ

今回は、家族の快適な暮らしを実現するためのポイントについてお伝えしました。

家づくりにおいて最も大切なことは、業者選びです。理想の暮らしのイメージを実現してくれる業者を選んで、納得のできる家づくりをしてくださいね。

今回の記事が、住宅購入をお考えの方のお役に立てたら幸いです。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

くらし方のデザイン、下見の際の持ち物には何が必要?

「物件の下見に行きたいが、何に気を付ければよいのだろう?」 「下見の際に必要な持ち物は何だろう?」 皆さまの中に、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか? 物件選びを成功させるためにも、下見の準備は非常に大事になりま […]

くらし方のデザイン、オープンキッチンのメリットとデメリット

「オープンキッチンにしたいけど、デメリットには何があるのだろう?」 「どんなキッチンにしたら良いのだろう?」 住宅購入をお考えの皆さまの中に、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか? オープンキッチンはやはり住宅購入 […]

くらし方のデザイン、押さえておきたい素材の選び方

「家づくりはデザインだけでなく素材にもこだわりたい。」 「素材選びはどうやったらいいの??」 住宅購入をお考えの方にとっては、家づくりで使う素材も気になりますよね。 最近のデザイン住宅では、デザインだけでなく、その機能性 […]

くらし方のデザインに、オープンキッチンの特徴を解説

くらし方のデザインを考えた場合、普通の戸建て住宅やマンションでもキッチンにも目を向けることも良い方法です。 少し前の世代に建てられた住宅の多くはシンク台が壁側と接触しているタイプでI型キッチンとも呼ばれています。 このス […]

くらし方のデザイン、無垢フローリングの種類と魅力について

無垢材は、切り出した天然木の1枚板を加工したもののことをいいます。 くらし方のデザインとして、無垢材のフローリングに注目が集まっています。 天然木の持つ風合いや肌触り・木目の美しさはとても魅力的です。 無垢材を希望する人 […]

Homeへ