狭小住宅においてよくある後悔や知っておきたい注意点

「狭小住宅ってどんな住宅??」
「狭小住宅を建てるうえでの注意点とは??」

住宅の購入を予定している方の中には、狭小住宅をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、人生で1度あるかないかの住宅購入、後悔したくないという不安は大きいですよね。

そこで今回は、狭小住宅でよくある後悔や知っておきたい注意点についてわかりやすくお伝えします!!

□狭小住宅とは

狭小住宅とは、かなり狭い土地に建つ小さな家のことです。最近では、東京や大阪などの都市部で人気があり、立地の良さと土地代の安さが注目を集める理由です。
しかし、家の中が狭いため、工夫した間取りや収納スペースを考える必要があります。

 

□後悔した事例

*玄関から直接リビングへ行く間取り

家の狭さと家族のコミュニケーションを考えて玄関からリビングを直接つながるような間取りに設定したけれど、子供が雨で泥だらけになった日に洗面所へ行くのが大変になったということも少なくありません。生活導線を考えて間取りを選ぶことが大切です。

*予算オーバー

土地を購入してから建築会社に行くと、総費用がいくらになるのかわからなくなります。
建物は、住宅ローンの事務手数料や登記費用などの諸費用の他に、外構工事費、屋外電気工事費、屋外給排水工事費といった別途費用がかかります。そのため、自分で調べて総予算を出すのではなく、予算に合わせて業者の担当者に相談することが大切です。

*面積の問題で子供部屋がつくれなかった

建設した際は必要でなかった子供部屋でも、成長したらある程度のプライベートな空間が欲しくなりますよね。そのため、スキップフロアなどであらかじめ子供のための空間を用意しておくことが大切です。

 

□注意点

*敷地に余裕を持って建てる

狭小住宅は、土地が狭いためなるべく敷地ぎりぎりで建てたくなります。
実は、「境界線から50センチ以上の距離を保たなければいけない」と民法で定められています。これは、火事の延焼やエアコンの故障の原因になるためです。
また、外壁のメンテナンスの際の足場のことを考えても余裕をもって建物を建てることが大切です。

*強度が必要

狭小住宅は、面積を確保するために縦に延ばして空間をとることが多いです。地面に接する面積に対して高くつくった家は揺れを感じやすいと言われているため、その分家の強度を高める必要があります。

□まとめ

今回は、狭小住宅を建てる際の後悔した例や注意点についてお伝えしました。
狭小住宅を建てるにあたって、立地の良さ、税金の安さなど魅力が多くありますが、後悔しないためにも失敗した例や注意点についても十分に理解しておくことが大切です。

今回の記事が、狭小住宅の購入をお考えの方のお役に立てたら幸いです。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

狭小住宅を広く使うアイデア、取り入れたい家具って?

「狭いお家を広く使うためのアイデア何かないかな…」 「どんな家具を使ったらお家を広く見せられるのだろう?」 皆さまの中にこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか? 家具の配置や、家具の種類によってお家の雰囲気はガラッと […]

狭小住宅でおしゃれな空間をつくるための工夫をご紹介

最近都市部で人気が上がっている狭小住宅。その利便性や土地の安さが魅力的です。 そんな狭小住宅の購入をお考えの方の中には、 「狭くてもおしゃれにしたい」「なるべく広く見せたい」 と理想の住まいのイメージを膨らませている方も […]

狭小住宅とはどのようなもの?その特徴について解説

「住宅を購入したいけど、どんな家がいいのかな」 「広い家もいいけど、小さな家も気になる」 と、住宅購入でお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 日本は、多くの土地が山で囲まれているため実際に住めるスペースは外国に […]

狭小住宅をお考えの方へ、間取りを考える方法をご紹介

狭い土地のスペースを最大限に生かして建設される狭小住宅は、住みやすく使いやすい間取りをどのようにするかという点を重点的に考えていかなければならないものです。 1階の床面積がある程度確保できる通常の住宅とは異なり、必要なス […]

狭小住宅の部屋をできるだけ広く見せるためには?

一戸建て住宅を建てるための土地が十分な広さがあれば、間取りにも余裕が出来るので、設計で取り入れたい要素を盛り込むことが出来ますが、都内などで一戸建て用地を探した場合、地価が高いため、十分な敷地面積を確保することは難しいで […]

Homeへ