狭小住宅とはどのようなもの?その特徴について解説

「住宅を購入したいけど、どんな家がいいのかな」
「広い家もいいけど、小さな家も気になる」
と、住宅購入でお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日本は、多くの土地が山で囲まれているため実際に住めるスペースは外国に比べてかなり小さいと言われています。そのため、日本の家は狭くなりがちと言われています。

最近では、東京や大阪などの都心部で「狭小住宅」と呼ばれる狭い家が人気を集めています。

そこで今回は、狭小住宅の特徴について、わかりやすく解説します!!

 

□狭小住宅とは

狭小住宅とは、かなり狭い土地に建築された小さな住宅のことを指します。明確な定義はありませんが、一般的に15坪以下の土地に建てられている住宅を指すことが多いです。

 

□狭小住宅のメリット

*土地代が安い

狭小住宅はそもそも土地が狭いため、土地代を安く済ませられます。土地の費用を抑えることで、建物の方に予算を充てられます。
さらに、土地が小さいことによって、「申請費用」や「登記費用」も安く済みます。
また、住宅建設後は、「固定資産税」や「都市計画税」などの税金も安くなります。

*維持費が安い

建物自体が狭いので、冷房、暖房の電気代も安くなります。また、外壁や屋根も小さいため、そのメンテナンス費用も抑えられます。

*立地が良い

駅の近くは土地代が高いだけでなく、そもそも広い土地はほとんど売っていません。そのため、駅近くの物件は狭小住宅が多いです。
立地の良い土地に住めば、通勤通学や買い物などに便利です。また、交通インフラの整った都心部なら車を持たなくても生活できるため、車にかかる税金や維持費を抑えることもできます。

*掃除が楽にできる

狭い家なので、掃除であちこち回る必要がありません。そのため、掃除の時間を他の趣味や料理に使うことができ、効率的ですね。

*ビルトインガレージをつくりやすい

狭小住宅は、三階建て住宅になることが多いです。そのため、敷地を有効に使うためにビルトインガレージをつくりやすくなります。
ビルトインガレージは、住宅の中にガレージがあるため、防犯対策になるほか、雨風や車の日焼け対策にもなります。

 

□まとめ

今回は、狭小住宅の特徴やメリットについてお伝えしました。

狭小住宅は、狭いというデメリットはありますが、都市部に住みたい方や、土地代を安く済ませたい方にとってはとても魅力的な住宅ではないでしょうか。

今回の記事が、住宅の購入を検討している方の参考になったら幸いです。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

狭小住宅を広く使うアイデア、取り入れたい家具って?

「狭いお家を広く使うためのアイデア何かないかな…」 「どんな家具を使ったらお家を広く見せられるのだろう?」 皆さまの中にこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか? 家具の配置や、家具の種類によってお家の雰囲気はガラッと […]

狭小住宅でおしゃれな空間をつくるための工夫をご紹介

最近都市部で人気が上がっている狭小住宅。その利便性や土地の安さが魅力的です。 そんな狭小住宅の購入をお考えの方の中には、 「狭くてもおしゃれにしたい」「なるべく広く見せたい」 と理想の住まいのイメージを膨らませている方も […]

狭小住宅においてよくある後悔や知っておきたい注意点

「狭小住宅ってどんな住宅??」 「狭小住宅を建てるうえでの注意点とは??」 住宅の購入を予定している方の中には、狭小住宅をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし、人生で1度あるかないかの住宅購入、後悔した […]

狭小住宅をお考えの方へ、間取りを考える方法をご紹介

狭い土地のスペースを最大限に生かして建設される狭小住宅は、住みやすく使いやすい間取りをどのようにするかという点を重点的に考えていかなければならないものです。 1階の床面積がある程度確保できる通常の住宅とは異なり、必要なス […]

狭小住宅の部屋をできるだけ広く見せるためには?

一戸建て住宅を建てるための土地が十分な広さがあれば、間取りにも余裕が出来るので、設計で取り入れたい要素を盛り込むことが出来ますが、都内などで一戸建て用地を探した場合、地価が高いため、十分な敷地面積を確保することは難しいで […]

Homeへ