パッシブデザインでできる間取りの工夫について紹介

省エネのことを考えた家に興味があるならば、建物の構造をよく考えなければいけません。そこで注目されているのがパッシブデザインです。

自分からは動かない、受動的、消極的という意味をもつパッシブという名詞が使われているこの言葉は、太陽光や自然風に対して、遮断するのではなくできるだけエネルギーとして活用するということです。

 

では、どうすればパッシブデザインを考えた家にすることができるのかというと、間取りを工夫することが大切です。

具体的にどうすればいいのかというと、ポイントは採光、通気性といったことになります。

 

採光についてですが、自然光を部屋の中にたくさん取り入れることができれば、日中は部屋の中が明るくなるので照明を付ける必要はなくなります。

太陽光のことを考えるならば家の向きを考えなければいけません。

太陽が昇る東、そして沈む西は一時的に直接太陽光が入ってきますが、それ以外のときには間接的あるいは全く入ってこない状態になります。そして北側は一日中日陰になり、南は昼間に直接太陽光が入ります。

 

それを考慮して、リビングや仕事部屋など過ごす時間が多い部屋を南側にするべきというのは、どの家でも基本的なことです。

しかしパッシブデザインということであれば、あえて南側の一部を吹き抜けとすることで、家の北側にも太陽光が届くようにすることもできます。

 

吹き抜けを作らないのであれば、南側から北側の部屋へと渡る廊下や天井の色を白くして反射させることで光を導くという方法もあります。そのときには、光が奥まで届くように部屋の仕切りをなくしてしまったほうがいいです。

 

採光のことを考えれば屋根に天窓を作ることもできますが、そうなると夏の暑い日差しを取り入れてしまいます。

ですから屋根の角度とガラスの位置を考えて冬の間は太陽光を多く取り込み、夏はできるだけ屋根や庇で反射できるようにするほうが無難です。

 

次に通気性ですが、夏に日陰の涼しい風を取り入れることができれば、快適な生活ができます。

それを考えて窓をあらゆる方向に取り付けるのはもちろん、その風の流れを遮らないように、部屋と部屋の仕切りをなくしたり、ドアを開ければ風が一直線に進むような間取りにしておきましょう。

風が真っ直ぐ進むことができるのかを知りたければ、コンピューターでシミュレーションをしてみるとわかります。

 

季節によって風の方角は異なりますから、夏場にどの方向から風が吹くのかを考えて、風の入り口となる部屋と出口となる部屋をつくることで家の中に溜まった熱を出しやすくなります。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

パッシブデザインの手法や考え方について解説します

現在住宅を建てるときに増えているのは、パッシブデザインです。 積極的に自然のエネルギーを活用する住宅のことですが、一般的にはまだまだ理解されていません。 そのためこれからマイホームを建てようとしたときに、言葉の意味が分か […]

パッシブデザインから考える空調の流れの工夫

パッシブデザインとは、受動的に太陽や風といった自然エネルギーを取り入れ、省エネルギーで快適に住める事です。 ここからわかるのは、パッシブデザインの上手なところは太陽の光を温暖に変えたり自然に流れるかぜを味方にして快適な住 […]

パッシブデザインで取り入られている手法を実例とともにご紹介

「パッシブデザインってどんなデザインなの?」 「パッシブデザインの目的や特徴とかも知りたい。」 このような思いはお持ちではないでしょうか? パッシプデザインとは何と思われてる方もたくさんいらっしゃると思います。 簡単い言 […]

パッシブデザインにはどんな手法があるの?事例とともにご紹介

パッシブデザインって聞いたことはあるけど、具体的な手法まで知っていますか? そこで今回はパッシブデザインの手法について、事例を交えながらご紹介します。 □日射遮へい 日射遮へいの代表的な手法を2つご紹介します。 *オーニ […]

パッシブデザインにおける間取りのポイントって?

パッシブデザインって言葉は知っているけど具体的にどのように取り入れるのか知らない、という方は多いのではないでしょうか? そこで今回は、パッシブデザインにおける間取りの3ポイントをご説明します。 □光と風の通り道を考える […]

Homeへ