パッシブデザインの手法や考え方について解説します

現在住宅を建てるときに増えているのは、パッシブデザインです。

積極的に自然のエネルギーを活用する住宅のことですが、一般的にはまだまだ理解されていません。

そのためこれからマイホームを建てようとしたときに、言葉の意味が分からなくて戸惑うこともあるでしょう。

しかし意味さえ分かればその魅力に気付き、是非ともその手法や考え方を取り入れたくなります。

 

パッシブデザインとは、太陽光や風など自然のエネルギーを活用して快適な住まいを作る手法や設計の考え方です。

これまでは夏に室内が暑くなったらクーラーを使い気温を下げ、反対に寒くなる冬は暖房を使って暖めるのが従来の考え方でした。

しかし自然のエネルギーを活用するパッシブデザインの住宅は、機械の使用を極力抑えるのが目標です。

太陽光を室内に積極的に取り入れられる間取りにして部屋を暖めたり、風通しを考えた構造にすることにより湿気を抑えて、快適な住まいを実現できるように設計していきます。

つまりこれまでの後付けの機械に頼って快適性を確保する手法ではなく、太陽光など様々な自然のエネルギーを活用して暮らしやすいマイホームを建てるのが、パッシブデザインの考え方です。

 

パッシブデザインの考え方を住まいに取り入れるメリットは、環境に優しい住宅を建てられることです。

電力やガスなどのエネルギーに頼った住宅は、限りある資源を消費し地球の環境に良い影響を与えません。

また電力などを消費することにより二酸化炭素を排出しているので、地球環境を破壊しているとさえ言えるでしょう。

しかしパッシブデザインの手法で建てられた住宅では、自然エネルギーの利用を最大限にまで伸ばし、電力やガスなどのエネルギーの使用量を削減しています。

限りある資源を有効活用し二酸化炭素排出量の削減にも貢献できる、エコな住宅になるのは最大のメリットと言えるでしょう。

 

もちろんメリットは地球環境に貢献できるだけではなく、身近なところにもあります。

電力やガスの使用量が減ることによって光熱費は削減されるので、毎月の負担も減らすことができるでしょう。

また建材は自然素材を中心に使うのもパッシブデザインの考え方なので、木のぬくもりを感じられる室内になります。

地球環境に貢献できるエコな住宅と言われると、メリットが本当に生活にプラスになるのかわかりにくいかもしれません。

しかし天然木など自然素材を使ったぬくもりのある家、毎月の光熱費を削減できて家計が楽になるメリットがあると言われたら、パッシブデザインの手法や考え方を積極的に取り入れたくなるでしょう。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

パッシブデザインでできる間取りの工夫について紹介

省エネのことを考えた家に興味があるならば、建物の構造をよく考えなければいけません。そこで注目されているのがパッシブデザインです。 自分からは動かない、受動的、消極的という意味をもつパッシブという名詞が使われているこの言葉 […]

パッシブデザインから考える空調の流れの工夫

パッシブデザインとは、受動的に太陽や風といった自然エネルギーを取り入れ、省エネルギーで快適に住める事です。 ここからわかるのは、パッシブデザインの上手なところは太陽の光を温暖に変えたり自然に流れるかぜを味方にして快適な住 […]

パッシブデザインで取り入られている手法を実例とともにご紹介

「パッシブデザインってどんなデザインなの?」 「パッシブデザインの目的や特徴とかも知りたい。」 このような思いはお持ちではないでしょうか? パッシプデザインとは何と思われてる方もたくさんいらっしゃると思います。 簡単い言 […]

パッシブデザインにはどんな手法があるの?事例とともにご紹介

パッシブデザインって聞いたことはあるけど、具体的な手法まで知っていますか? そこで今回はパッシブデザインの手法について、事例を交えながらご紹介します。 □日射遮へい 日射遮へいの代表的な手法を2つご紹介します。 *オーニ […]

パッシブデザインにおける間取りのポイントって?

パッシブデザインって言葉は知っているけど具体的にどのように取り入れるのか知らない、という方は多いのではないでしょうか? そこで今回は、パッシブデザインにおける間取りの3ポイントをご説明します。 □光と風の通り道を考える […]

Homeへ