重量木骨の家と一般住宅の違いには何があるの?

重量木骨の家とは、耐震構法SE構法を利用して建築する資産価値の高い家の総称を呼びます。そのSE構法とは、大規模な木造建築物の技術を住宅に応用するために開発された技術のことで、一般住宅の構造とは大きな違いがあります。

一番の違いとしては使用する木材が異なります。

SE構法で使用する木材には、全て構造用集成材が使われています。

構造用集成材とは、十分に乾燥した後に強度ごとに分類されたラミナと呼ばれる木材を、科学的に強度などの数値を計算しながら張り合わせたエンジニアリングウッドのことをそう呼びます。

一般住宅で使用される木材は、自然のままの木材で乾燥の度合いや強度が分かりにくく、一定でないというケースがほとんどです。

それに対して構造用集成材は、含水率が低く部材ごとに強度を数値で表示することができます。

強度や性能が数値として明確であるため、使用する部材や箇所を安心して決めることができます。

耐震性に優れた構造にも強度を確認することができるので安心して使用できる部材となっています。

一般の在来木造工法では、柱と梁を繋げる箇所にほぞと呼ばれる穴加工をするケースがほとんどです。

大型の木造建築の場合では、柱の太さも太いのであまり影響は出ませんが、一般住宅で使用する柱の太さだとそのような工法では強度に問題が出て来るので他に補強をする必要が出て来ます。

それに対して、SE構法は、特殊な金物を使用することで断面の欠損を少なくできるメリットがあります。

木造自体の収縮も少なく、ボルトやピンなどで強固に接合することで強度の問題もなく組み合わせることができます。

地震などで最も揺れやすいのが基礎部分との連結部です。

建物全体が大きく揺れると柱に大きな引き抜きの力がかかります。

基礎部分との連結部が弱いと地震の引き抜きの力によって基礎部分から柱が引き抜かれてしまって倒壊してしまいます。

木造の在来工法でも基礎部分との連結部に金物で補強をしてありますが、その強度には限界があります。

それに対してSE構法では、特殊な金物で基礎部分と連結部を直接連結しているので、引き抜き耐力が在来木造工法よりも大きく向上しています。

また、非常に高い構造計算をして部材などを決定しているので耐震性の高さも目に見える数値という形でも証明されている構法となっています。

SE構法のメリットとしてラーメン構造があります。

重量鉄骨造のように柱と梁が強固に接合されている構造です。

木造でありながら接合部に特殊な金物を使用することができるので、強度を保ちながら自由度の高い空間設計ができるのもメリットと言えます。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

重量木骨の家の坪単価の相場はどのくらいなの?

重量木骨の住宅が近年注目を集めています。 重量木骨は従来の木造では実現することができなかった非常に強い骨組みを木造建築で実現する方式で、使用する木材が従来のものに比べ非常に強度が強く集積加工されている点が大きな特徴となっ […]

重量木骨の坪単価って?その相場について解説

重量木骨で家を建てようと決めたけど、どれくらい坪単価が変わるのか気になりますよね。 そこで今回は、重量木骨の坪単価の相場について解説します。 □重量木骨の坪単価の相場 重量木骨で建てると、平均坪単価は約75万円ほどです。 […]

重量木骨の家を扱う業者が解説、制振と免震の違い

皆さんこんにちは! 今回は、重量木骨の家に住むか迷っている方や、耐震以外の構造を知らない方へ制振構造と免震構造について紹介と違いついてを解説していきます。 □制振構造 建物内に配置した制振部材ダンパーで、地震エネルギーを […]

重量木骨の家を考える際に知っておきたい坪単価

「そもそも重量木骨について詳しく知りたい。」 「重量木骨の家を立てたい!」 「重量木骨の家を建てたいが坪単価がどれくらいかわからない。」 そういった思いはお持ちではないでしょうか? そもそも重量木骨の家とは、SE構法と言 […]

重量木骨とは?その特徴についてご紹介いたします

家を建てようと悩んでいるならば、「重量木骨」という言葉を聞いたことがありませんか? 聞いたことはあってもどんなものか分からない、という方は多いのではないでしょうか。 そこで今回は重量木骨の特徴についてご説明します。 □重 […]

Homeへ