狭小住宅をお考えの方へ、間取りを考える方法をご紹介

狭い土地のスペースを最大限に生かして建設される狭小住宅は、住みやすく使いやすい間取りをどのようにするかという点を重点的に考えていかなければならないものです。
1階の床面積がある程度確保できる通常の住宅とは異なり、必要なスペースを効率よく配置し、圧迫感や閉塞感を感じさせることのない工夫も、狭小住宅のポイントです。
間取りの良し悪しで大きく住み心地に影響しますので、この部分だけは外せないという希望を軸に、適切な居住スペースの配置を考えていくというステップを踏んで、プランニングをしていく方法がベストとなります。
狭小住宅の多くは3階建てで設計されます。
そのために各階の機能性を重視し、どの階層に何を配置していくかという明確なコンセプトを持っているということが大切となります。
主となる居住スペースを確保するのはどの階層にするか、水回りの場所や子供用のスペース、駐車スペースなども考慮してプランニングを進めていくと、大まかな形が見えてくるものです。
プランニングはそこに住まう家族全員の意見を出し合って、さらに設計のプロの意見を聞きながら進めていくことが重要です。
自分たちの思いが反映されていないプランニングで建設が進んでいくと不満が発生する原因となりますし、プロの目から見た観点も取り入れていかなければ使いやすさは実現できません。
できる限り理想に近い住宅を実現するためには、それぞれの思いを出し合って、じっくりと煮詰めていくというブレーンストーミングという方法を取り入れていくことが大切です。
お互いに意見を出し合うことで新しいアイデアが生まれることもありますし、気づけなかった問題点が洗い出されるという可能性も高まります。
実際に建ててから気づくのと、プランニングの段階で問題点をチェックできるのとでは大きな違いとなってきます。
重要となるポイントには、キッチンをよくご利用になる女性の視点や、子どもならではの視点も軽視してはいけないということです。
スタイリッシュな見た目を重視するあまり、使い勝手が犠牲となってしまったという例は意外に多いものです。
お子様が学校から帰ってきたときの動きなども狭小住宅では十分に考慮したい部分です。
リビングを通るか通らないか、独立した空間を与えるか狭くても個室を用意するかなど、希望を十分に反映してプランニングをすることによって、家族全員の満足感も高まるものです。
敢えて狭小住宅を選択する場合には、入念で丁寧なプランニングをじっくり行い、納得のいく家造りをしていくことが大切です。
安心感や安らぎを得られる住まいをホープスで実現してみませんか。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

狭小住宅の部屋をできるだけ広く見せるためには?

一戸建て住宅を建てるための土地が十分な広さがあれば、間取りにも余裕が出来るので、設計で取り入れたい要素を盛り込むことが出来ますが、都内などで一戸建て用地を探した場合、地価が高いため、十分な敷地面積を確保することは難しいで […]

狭小住宅を有効に使うためにできる収納の工夫って?

狭小住宅の収納では、壁面をうまく利用することが大事です。 壁面をすべてクローゼットか棚にしてしまえば、縦に収納していけるので、居住空間がモノであふれずに済みます。 開放的な空間を演出するには、家具の高さは1メートル以内に […]

狭小住宅を考える際に知っておきたい、旗竿地の特徴とは?

不動産には二つとして同じものは存在しないと言われています。それは土地であっても建物であっても同じです。 特に土地に関しては、正方形や長方形、三角形などほかにもいろいろ歪な形の土地が存在しています。 それは大変興味深くバラ […]

狭小住宅でリビング階段を取り入れるメリットって?

お住まいの家が狭小住宅で、物の置く場所に困ってしまっている人はおられませんか? どれだけ住まいが狭いかろうとも、大切な物や必要な物は簡単に捨てたりすることはできないですよね。 そんな方にオススメなのが、家の階段をリビング […]

狭小住宅のスペースを有効に、階段下の使い方とは?

自宅で狭小住宅で、物を置く場所に困っている方はおられませんか? 自宅が狭いからといって、必要なものや大切なものは簡単に捨てたりできないですよね。 そんな方に提案したいのが、階段下のスペースを有効活用することです。 ですが […]

Homeへ