狭小住宅の部屋をできるだけ広く見せるためには?

一戸建て住宅を建てるための土地が十分な広さがあれば、間取りにも余裕が出来るので、設計で取り入れたい要素を盛り込むことが出来ますが、都内などで一戸建て用地を探した場合、地価が高いため、十分な敷地面積を確保することは難しいでしょう。
都心部で理想の一戸建て住宅を建てるためには、狭小住宅でも出来るだけ部屋を広く見せる工夫をすると良いです。
狭小住宅を広く見せるための工夫は、慣れている建築設計者であれば、様々なアイディアを持っているので、慣れている相手に相談すると良いでしょう。

狭い敷地面積で部屋を出来るだけ広い空間にするために出来る工夫としては、出来るだけ間仕切り壁を造らない様にすると良いでしょう。
間仕切り壁がたくさんあると圧迫感があり、閉鎖的な雰囲気となってしまうので、プライベート空間を確保しながら、出来るだけ壁がないような設計が出来ると理想的です。

窓も大きめにすることで、室内空間に広がりを持たせることが出来るので、外からのプライバシーに配慮しながら、大きな窓を取り入れることも重要です。
狭小住宅では立体的に空間に広がりを見せることで、狭い部屋を広く演出することが出来ます。
各階にスキップフロアを設けると、空間に広がりを感じることが出来ます。
天井の高さも建物の高さ制限の範囲で出来るだけ高さを確保したほうが、圧迫感はかなり少なくなります。

内装の仕上げの色なども工夫をすることで、圧迫感を減らすことができ、狭小住宅でも室内を広く見せることが可能です。
色合いなどはカラー見本を見ながら気に入った内装の色を選ぶことになりますが、設計者と十分に相談をしながら、部屋が広く感じるような色を選ぶことが重要です。
カラーの見本と実際の建物で使用した色とでは、若干イメージが違うことがあるので、色を見本から選ぶ際には注意をすることが必要です。

その他、室内空間を出来るだけ大きく見せるためには、室内に物を出来るだけ置かないことも重要となります。
収納などを十分に確保して、しまっておくことが出来るものは室内に入れてしまうようにすると、家具などを置くスペースを減らすことが出来ます。

都心部あたりでは、様々な工夫をしている狭小住宅もたくさんあるので、経験豊富な設計者であれば、過去に様々な経験を積んでいるので、過去に設計した事例などを見せてもらうようにすると参考になるでしょう。
建物を建てる場所の周辺の状況によっても、取り入れることが出来る設計上の工夫は異なってくることになるので、じっくり時間をかけながら空間設計を行うようにすると良いです。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

狭小住宅を広く使うアイデア、取り入れたい家具って?

「狭いお家を広く使うためのアイデア何かないかな…」 「どんな家具を使ったらお家を広く見せられるのだろう?」 皆さまの中にこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか? 家具の配置や、家具の種類によってお家の雰囲気はガラッと […]

狭小住宅でおしゃれな空間をつくるための工夫をご紹介

最近都市部で人気が上がっている狭小住宅。その利便性や土地の安さが魅力的です。 そんな狭小住宅の購入をお考えの方の中には、 「狭くてもおしゃれにしたい」「なるべく広く見せたい」 と理想の住まいのイメージを膨らませている方も […]

狭小住宅においてよくある後悔や知っておきたい注意点

「狭小住宅ってどんな住宅??」 「狭小住宅を建てるうえでの注意点とは??」 住宅の購入を予定している方の中には、狭小住宅をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし、人生で1度あるかないかの住宅購入、後悔した […]

狭小住宅とはどのようなもの?その特徴について解説

「住宅を購入したいけど、どんな家がいいのかな」 「広い家もいいけど、小さな家も気になる」 と、住宅購入でお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 日本は、多くの土地が山で囲まれているため実際に住めるスペースは外国に […]

狭小住宅をお考えの方へ、間取りを考える方法をご紹介

狭い土地のスペースを最大限に生かして建設される狭小住宅は、住みやすく使いやすい間取りをどのようにするかという点を重点的に考えていかなければならないものです。 1階の床面積がある程度確保できる通常の住宅とは異なり、必要なス […]

Homeへ