くらし方のデザインに、オープンキッチンの特徴を解説

くらし方のデザインを考えた場合、普通の戸建て住宅やマンションでもキッチンにも目を向けることも良い方法です。
少し前の世代に建てられた住宅の多くはシンク台が壁側と接触しているタイプでI型キッチンとも呼ばれています。
このスタイルはシンク台の後ろ側を広く設けることができるメリットや比較的施工代を安くできるメリットがあり、これまで多くの住宅に採用されてきたことも事実ではないでしょうか。
新しい住宅事情ではI型キッチンは見直されている傾向にあり、オープンキッチンが主流として扱われるようになりました。
このタイプは特徴があり、まずはペニンシュラタイプとアイランドタイプに分けることができます。
ペニンシュラの方は片側が壁と接触しているもので、アイランドはシンク台の両側を空けているタイプです。
どちらもオープンキッチンに該当していて、室内の面積や間取りによって選択肢が変わってくることが一般的です。
オープンキッチンはダイニングルームやリビングと面していることが大きな特徴として考えることができ、背面の空間には収納用の家具類などを沢山設置でき、作業台なども別途設置することもできるものです。
食器棚も大型のものを設置可能で、冷蔵庫も大型のタイプを購入することができるものです。
特徴は他にもあり、オープンキッチンは家族が団欒しているリビング側を見ながら料理をすることができるので、小さなお子さんなどが居るご家庭や家族や来客と会話しながら料理をすることにも向いています。
テレビなどをリビングに設置している住宅が多いものですが、勿論、テレビを観ながらでも料理することができるデザインです。
乱雑になりがちなキッチンでも、他人に見られてしまうことが少ないことも特徴になります。
オープンキッチンの場合、リビング側からはキッチンの様子を覗うことができないことが多く、外観上としても綺麗に見せることを可能にしています。
既に住宅を購入していてI型のキッチンを使っているご家庭でも、リフォームで変えることは十分に可能です。
くらし方のデザインを考慮するとペニンシュラやアイランド型は向いているものですが、実際には同じタイプのI型に変えるよりもリフォーム料金は高くなってしまいます。
その背景にはシンク台自体が高いことと、給排水管の工事が必要なこと、レンジフードを設置する場所を変える際にもお金が掛かるものです。
それでも生活動線を良好にしてデザインを良く見せることを希望している場合では、多少の出費が必要とされていても、それ以上に特徴のメリットを得ることができることになります。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

くらし方のデザイン、無垢フローリングの種類と魅力について

無垢材は、切り出した天然木の1枚板を加工したもののことをいいます。 くらし方のデザインとして、無垢材のフローリングに注目が集まっています。 天然木の持つ風合いや肌触り・木目の美しさはとても魅力的です。 無垢材を希望する人 […]

くらし方のデザイン、屋上をうまく活用していきましょう

日本で住宅を建てようとすると、どうしてもスペースが限られてしまう事になります。 住まいをできるだけ大きくしようと心がけることで、庭などが少なくなってしまうという事もあるでしょう。 庭でやりたいことがたくさんあったのに、そ […]

くらし方のデザイン、土地下見で必要な持ち物とは?

くらし方のデザインを見つめることで、より豊かな人生を送ることが出来ます。 その生活で重要な拠点となり得るマイホームを建てようというとき、こだわりたいのは、家のデザイン・機能をどうしようかということだけでなく建てる場所です […]

くらし方のデザイン、ガーデニングで押さえておきたいポイント

家での暮らし方を考えるうえで、欠かせないのがお庭をどのように整えていくかという事です。 家の中については気を配ってインテリアを考えていても、家の外までなかなか手が回らないという方も多いでしょう。 しかし、家を訪れる方はお […]

デザイン住宅業者のおすすめ、部屋をおしゃれにする雑貨

そろそろお部屋のインテリアを模様替えしたいと考えている方や、新しい家に住むことになりおしゃれな空間を作りたいと考えている方は大勢おられますが、センスがないと出来ないと思い後伸ばしになってしまうというケースが多く見られます […]

Homeへ