くらし方のデザイン、無垢フローリングの種類と魅力について

無垢材は、切り出した天然木の1枚板を加工したもののことをいいます。
くらし方のデザインとして、無垢材のフローリングに注目が集まっています。
天然木の持つ風合いや肌触り・木目の美しさはとても魅力的です。
無垢材を希望する人は増加傾向にあり、無垢フローリングの建材商品としては、国産材や輸入材などを含め様々な種類が豊富に揃っています。

無垢フローリングの特徴は保湿性や断熱性が高いことです。
乾燥しがちな季節は調湿作用で適度な湿気を、逆に湿気の多い季節では余分な湿気を吸収してくれます。
冬は静電気を抑え、夏は足がベタ付きにくいです。
ただイメージや風合いが良いだけではなく、機能面でも優れているのは嬉しいポイントです。
柔らかい樹種なら弾力性もあり、足腰の負担を和らげることもできます。
それらの特徴をキープしつつ、年を重ねるごとにツヤや色味など深い表情が生まれるのも魅力です。

無垢フローリングに使用される樹種は、広葉樹と針葉樹の2つに大きく分類することができます。
広葉樹ならオークやウォールナットなど、針葉樹だとヒノキやスギが挙げられます。
一般的に広葉樹の方は重く硬いのが特徴で、強度があって傷がつきにくいのも魅力です。
針葉樹は逆に軽く柔らかいので、歩行したときの感触や肌触りの良さが受け入れられています。
年配者などに人気が高いのは針葉樹の方です。

無垢フローリングには、塗装をしてあるものと無塗装のものが存在します。
無塗装の場合、現場で何かしらの塗装仕上げを行うのが一般的です。
塗料の種類や色などを好みに合わせて選ぶことができるため、理想のフローリングに近づけやすいのも魅力です。
塗装済みのタイプはそのまま施工することができます。
近年アンティーク風の仕上げ方やヴィンテージ加工を施したものも人気です。
こだわりを持って選びたい人にはうってつけです。

人気のある設備機器の1つ、床暖房は無垢のフローリングでも取り入れることができます。
ただし素材や種類は限られるので、選ぶときは好みの樹種で対応ができるのか確認をする必要があります。
また、遮音性を持たせることも可能です。
遮音材と表面材を一体化したものなど、マンションのリフォームの時などに人気があります。

無垢フローリングの木目や色味は多種多様で、同じ樹種でも育った環境や丸太のどの部分を使うかで受ける印象は変わってきます。
選ぶときに見本で確認すること、できればショールームの大きなサンプルで比較検討すると良いです。
色合い・木目・塗装・節などこだわりを持って選ぶためには、優先順位をつけるのがおすすめです。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

くらし方のデザインに、オープンキッチンの特徴を解説

くらし方のデザインを考えた場合、普通の戸建て住宅やマンションでもキッチンにも目を向けることも良い方法です。 少し前の世代に建てられた住宅の多くはシンク台が壁側と接触しているタイプでI型キッチンとも呼ばれています。 このス […]

くらし方のデザイン、屋上をうまく活用していきましょう

日本で住宅を建てようとすると、どうしてもスペースが限られてしまう事になります。 住まいをできるだけ大きくしようと心がけることで、庭などが少なくなってしまうという事もあるでしょう。 庭でやりたいことがたくさんあったのに、そ […]

くらし方のデザイン、土地下見で必要な持ち物とは?

くらし方のデザインを見つめることで、より豊かな人生を送ることが出来ます。 その生活で重要な拠点となり得るマイホームを建てようというとき、こだわりたいのは、家のデザイン・機能をどうしようかということだけでなく建てる場所です […]

くらし方のデザイン、ガーデニングで押さえておきたいポイント

家での暮らし方を考えるうえで、欠かせないのがお庭をどのように整えていくかという事です。 家の中については気を配ってインテリアを考えていても、家の外までなかなか手が回らないという方も多いでしょう。 しかし、家を訪れる方はお […]

デザイン住宅業者のおすすめ、部屋をおしゃれにする雑貨

そろそろお部屋のインテリアを模様替えしたいと考えている方や、新しい家に住むことになりおしゃれな空間を作りたいと考えている方は大勢おられますが、センスがないと出来ないと思い後伸ばしになってしまうというケースが多く見られます […]

Homeへ