デザイン住宅をご検討中の方へ、よくある後悔とその対策

見栄えのいいデザイン住宅を建てると、自慢の家にすることが出来、誰かを招待したいと思えるはずです。
素敵なデザイン住宅に暮らしているというだけで、近隣からもうわさの的になりますし、優越感に浸る事も出来るようになります。

素敵なデザイン住宅を建てるとなると、見た目だけではなく実際に暮らしてからも後悔をしないような家にしなくてはなりません。
見た目ばかりに気を遣ったばかりに後悔をするような家になってもいけませんので、後悔をしないような対策をしておかなくてはなりません。

デザイン住宅を建てた人がした後悔で多いのが、天井を高くしたことによる問題があります。
天井を高くしてしまったことによって、エアコンがききにくくなり電気代がかさんでしまいます。
冬場や夏場は極端に電気代が高くなってしまいますので、家計に打撃をあてることになり家計が苦しくなるという後悔です。

出来るだけ電気代を安くしたいのであれば、一部屋を狭くするようにしておくといいでしょう。
広い空間でエアコンを使用した場合、たくさんの電気代が必要になりますが、狭い空間であれば天井が高くても電気代が安くすみます。

しかしせっかく天井が高くても狭い部屋になると、開放感のない部屋になってしまいますので、間仕切りが出来るようにしてみると、必要に応じて部屋の大きさを変えることが出来ます。
大勢が集まる時には広い空間にするようにして、家族だけで過ごす時には、間仕切りをして部屋を狭くするなど、必要に応じて変化をさせることです。
そうすれば開放感のある高い天井の家でも、出来るだけ電気代を抑えることが出来るので、経済的です。

デザイン住宅の中でも魅力的なのは、オープンキッチンです。
オープンキッチンに関しても開放感を出していく事が出来るので、生活感のない素敵なキッチンにすることが出来ます。
しかしここでも問題になるのが、リビングからキッチンの中が丸見えになるという問題があります。

すっきりとしたオープンキッチンは開放感があっていいですが、その開放感があだとなりキッチンの中をいつもすっきり片づけておく必要が出てくるのです。
忙しいときなどはそこまで手が回らないことがあるので、生活感が丸出しになってしまうこともあるでしょう。

その問題を解決するためには、手前に立ち上がりをつけておくと視線を遮りやすくなります。
ちょっとした立ち上がりがあるだけでも、中の状態が見えにくくなり隠すことが出来るようになるので、ちょっとした立ち上がりをつけておくと、急なら客があった時でも慌てて片づけなくてもすむはずです。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

デザイン住宅の外観はどのような感じなのか、事例をご紹介

「デザイン住宅を建てたいけれど、どんな外観にしようかな。」 「デザイン住宅の外観の事例が知りたい。」 と、デザイン住宅の外観にお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、デザイン住宅の外観についてご紹介 […]

デザイン住宅って何?魅力を高めるためのコツを解説

「デザイン住宅って何??」「自分で住宅を考えるのは難しそう。」 と、住宅の購入をお考えの方は、デザイン住宅について情報を集めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、デザイン住宅の特徴とその魅力を高める […]

デザイン住宅業者が解説、外観を考える際の注意点

デザイン住宅などで、住宅の外観に凝る人もいますがその中で注意しなければならない点があるとすれば窓を大きくし過ぎることが挙げられます。 デザイン住宅も様々な形があるものの、窓を大きくすることにより開放感を出すことができるの […]

デザイン住宅業者が解説、収納方法のコツについて

「デザイン住宅での収納方法で、どうやってうまく隠せば良いのか分からない」と思ってしまいがちですが、 デザイン住宅だからといって無理に全てを隠す必要はありません。 今回は、そんな疑問や不安をお持ちの方へ、デザイン住宅での収 […]

デザイン住宅業者のおすすめ、部屋をおしゃれにする雑貨

そろそろお部屋のインテリアを模様替えしたいと考えている方や、新しい家に住むことになりおしゃれな空間を作りたいと考えている方は大勢おられますが、 センスがないと出来ないと思い後伸ばしになってしまうというケースが多く見られま […]

Homeへ