デザイン住宅業者が解説、外観を考える際の注意点

デザイン住宅などで、住宅の外観に凝る人もいますがその中で注意しなければならない点があるとすれば窓を大きくし過ぎることが挙げられます。
デザイン住宅も様々な形があるものの、窓を大きくすることにより開放感を出すことができるのは間違いないところです。
そのため、人間の背丈ほどの大きな窓を作り部屋全体が外から見えるぐらいオープンにします。
ですが、あまりにも窓が大きすぎるとプライバシーがなくなってしまい住みにくくなる可能性もあるでしょう。
そのため、大きなカーテンを使い締め切ってしまうことが多くなり窓の意味がなくります。

デザイン住宅の中には、非常にシンプルなキューブ状の建物が流行しています。
あまりにも凝り固まった住宅よりも、シンプルな方が逆に目立ってしまうこともあるかもしれません。
当然ながら、ほかの住宅との違いを表面に出しているため、デザインとしては評価が高いところですが有効面積が狭くなってしまう恐れがあるためあまり狭い場所で利用することはできません。
ある程度前後左右に余裕がある住宅ならば問題ないでしょう。
後は、鉄筋コンクリートにすることが多いため、木造住宅などに比べるとお金がかかってしまう点が注意点と言えます。

外国風の住宅にするのも魅力的と言えますが、北欧の住宅などをまねしてもあまり使い道がないことが考えられます。
例えば、おしゃれなアイテムの一つとして煙突と暖炉を用意する建物も少なくありません。
北海道の冬の寒さなどならば別ですが、そうでなければ甘い使い道がないです。
使う必要がないと最初から考えている場合は別ですが、頻繁に使おうと思っても煙を出す時近所に迷惑がかかってしまう可能性があります。
特に、洗濯物などを干しているときには灰などが入ってきてしまうためにおいの少ないものや灰が出ないものをあらかじめ購入しておきましょう。

デザイン住宅ならではの個性を前面に出すため、外壁を派手にしてしまう場合もあります。
例えば、日本ではあまりありませんが緑色や鮮やかな青に塗装してしまうようなことも少なくありません。
非常に目立つ半面、汚れることも考えて定期的なメンテナンスも考えておかなければならないです。
特に鮮やかな色ならば、汚れが目立ちますので普通の建物よりもこまめなメンテナンスを業者に頼むべきでしょう。

和風住宅にする場合には、囲炉裏をおいたり掘りごたつを作ることもあります。
昔ながらの風景を見ることができどこか懐かしさを感じる人も少なくないはずです。
ですが、その反面ある程度広い面積を必要としますので、狭小住宅などには向かない点は注意が必要です。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

デザイン住宅の外観はどのような感じなのか、事例をご紹介

「デザイン住宅を建てたいけれど、どんな外観にしようかな。」 「デザイン住宅の外観の事例が知りたい。」 と、デザイン住宅の外観にお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、デザイン住宅の外観についてご紹介 […]

デザイン住宅って何?魅力を高めるためのコツを解説

「デザイン住宅って何??」「自分で住宅を考えるのは難しそう。」 と、住宅の購入をお考えの方は、デザイン住宅について情報を集めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、デザイン住宅の特徴とその魅力を高める […]

デザイン住宅をご検討中の方へ、よくある後悔とその対策

見栄えのいいデザイン住宅を建てると、自慢の家にすることが出来、誰かを招待したいと思えるはずです。 素敵なデザイン住宅に暮らしているというだけで、近隣からもうわさの的になりますし、優越感に浸る事も出来るようになります。 素 […]

デザイン住宅業者が解説、収納方法のコツについて

「デザイン住宅での収納方法で、どうやってうまく隠せば良いのか分からない」と思ってしまいがちですが、 デザイン住宅だからといって無理に全てを隠す必要はありません。 今回は、そんな疑問や不安をお持ちの方へ、デザイン住宅での収 […]

デザイン住宅業者のおすすめ、部屋をおしゃれにする雑貨

そろそろお部屋のインテリアを模様替えしたいと考えている方や、新しい家に住むことになりおしゃれな空間を作りたいと考えている方は大勢おられますが、 センスがないと出来ないと思い後伸ばしになってしまうというケースが多く見られま […]

Homeへ