くらし方のデザイン、土地下見で必要な持ち物とは?

くらし方のデザインを見つめることで、より豊かな人生を送ることが出来ます。

その生活で重要な拠点となり得るマイホームを建てようというとき、こだわりたいのは、家のデザイン・機能をどうしようかということだけでなく建てる場所です。

周辺の環境次第で、日常は大きく様変わりします。だからこそ、注文住宅では自分の目で土地下見をするときには、念入りにしなければいけません。

 

 

ただ、手ぶらで土地下見をしたら、大事なところを見逃してしまうかもしれません。

そこで持っていくと良いものは、まず事前に与えられた情報通りの土地かどうかを調べることができる持ち物が必要です。

 

 

土地の情報というと、例えば最寄り駅までのアクセスです。

よくあるのが駅から徒歩○分という形で書かれることが多いです。

そこでストップウォッチを使い、実際に自分の足で測ってみましょう。

不動産業界では徒歩1分が80メートルに相当します。人によって歩くスピードには違いがありますが、おおよその平均がそのスピードです。

 

 

もちろん、1秒でも早く着いたり遅くなったらいけないと厳しくする必要はありませんが、なるべく誤差が少ないほうが情報の正確さを証明できます。

ストップウォッチはスマートフォンの機能でなんとかなりますから、持っていなければわざわざ購入する必要はありません。

 

 

リッチの確認をするために歩くときには、周辺地図も持っていくと良いでしょう。

地図もスマートフォンで確認することは出来ますが、表示できる大きさに限界があるので全体的に確認するのには向いていません。

実際に歩いているときに気がついたことを書き込んで、周辺情報を補足したいときにはやはり大きな紙の地図のほうが便利です。

 

 

後は日当たりなどを調べるためにも、コンパスを持っていくと良いでしょう。

日当たりが良くない土地だと、部屋の中が暗くなりますし洗濯物も乾きにくくなります。

地図ではわからない周辺にある建物の影響なども確認したいところです。コンパスもスマートフォンで代用ができます。

 

 

あとは、土地の広さも自分で調べておいたほうがいいです。

ただ土地を調べるためのメジャーとなればかなりの大きさになってしまうので、持ち物としてはいささか邪魔です。

ですから、コンパクトなレーザー距離計を購入しておくほうがいいかもしれません。

レーザー距離計はネット通販なら数千円で手に入りますから、そこまで大きな負担とはなりません。

 

 

調べたデータを記録しておく筆記用具とメモ帳、それから自分で写真を撮っておきたいときにはカメラも用意しておくとよいのですが、

それもスマートフォンですべてなんとかすることも可能です。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

くらし方のデザイン、土地下見で必要な持ち物とは?

注文住宅の家を作りたい時に必ず必要になるのが土地です。 土地を購入してから家の設計や施工を行って貰う工務店を見つけるなど、注文住宅では土地購入が第一段階になります。 これから購入を検討している人へのワンポイントアドバイス […]

くらし方のデザイン、屋上をうまく活用していきましょう

日本で住宅を建てようとすると、どうしてもスペースが限られてしまう事になります。 住まいをできるだけ大きくしようと心がけることで、庭などが少なくなってしまうという事もあるでしょう。 庭でやりたいことがたくさんあったのに、そ […]

くらし方のデザイン、ガーデニングで押さえておきたいポイント

家での暮らし方を考えるうえで、欠かせないのがお庭をどのように整えていくかという事です。 家の中については気を配ってインテリアを考えていても、家の外までなかなか手が回らないという方も多いでしょう。 しかし、家を訪れる方はお […]

くらし方のデザイン、照明でおすすめのものって?

皆さんはくらし方のデザインとしてどのようなところに気を使っていますか? 人それぞれに様々なこだわりがあることでしょうが、今回紹介したいのがおすすめの照明についてです。 照明は少し変えるだけでも、部屋の雰囲気は変わってしま […]

くらし方のデザイン、家具選びの重要性と選ぶ際のポイント

新しく新築を購入されるような方や引っ越しをされるような方、新しく一人暮らしを始めるというような方には、新しい家にどのような家具を置こうかで迷っていられる方も多くいることでしょう。 くらし方のデザインをするに当たって家具選 […]

Homeへ