建蔽率と容積率って?デザイン住宅業者が詳しく解説

戸建て住宅を建築する際、重要となるのは土地面積に対してどの程度の広さの住宅を建築できるかということです。これはデザイン住宅においても同様です。土地面積に対して、できるだけ広い面積で住宅を建てることが理想的です。戸建て住宅を建築するにあたり、建築できる許容面積を算定する方法は法律で定められています。

 

建築基準法によると、建築物を建築できる面積は建蔽率によって定められています。建蔽率とは、土地面積に対して、その敷地が属している用途地域によって定められた割合だけ、建築することができる率のことを指します。例えば、100㎡の土地が建蔽率50%の用途地域に属していたとします。その場合、建築物を建築できる面積は最大で50㎡ということになります。つまり、土地100㎡の50%にあたる50㎡が建築できる面積となるのです。これを建築面積と呼びます。

 

建蔽率の対象となるのは、柱や壁によって屋根が設置された箇所です。屋根が片持ち梁によって張り出している状態の場合は、1mまでは対象外となり、1mを超える部分から対象面積として算定されます。つまり、2階のバルコニーが1m以内で片持ち梁で張り出している場合は建築面積に算定されません。

 

戸建て住宅で建築面積と同様に重要となるのが容積率です。容積率も、敷地が属している用途地域によって定められています。用途地域によって定められた割合だけ、建築物の延べ床面積を確保できるというものです。延べ床面積とは、柱や壁に屋根がかけられ、内部と判断される箇所の面積です。つまり、屋外のバルコニーなどは容積対象延べ床面積から除外されます。デザイン住宅でよく用いられる吹抜け部分なども1階の面積だけを算定して、吹抜けとなっている空間の部分は延べ床面積に算定しません。例えば、土地の面積が100㎡の敷地でその用途地域で定められている容積率が200%の場合は、容積対象延べ床面積を200㎡まで建築することができます。つまり、土地面積の200%ということになります。

 

戸建てのデザイン住宅を建築する際は、建築面積と容積対象延べ床面積を、その敷地の用途地域に定められた最大の建蔽率と容積率に近くなるまで設計することで、土地を有効に活用することができます。建築面積が広く確保できるほどデザインの幅は広がりますし、延べ床面積を広く確保できればドラマティックな空間を構築することができます。建築基準法で定められた建築可能な面積についての知識を持っておくことで、その範囲内で個性的なデザイン住宅を創り上げることが可能となります。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

建蔽率と容積率って?デザイン住宅業者が解説

近年ではデザイン住宅が高い人気を集めていますが、建築を計画する際には建蔽率(けんぺいりつ)と容積率(ようせきりつ)に注意が必要です。 敷地面積に対する建物の建築面積の割合が建蔽率であり、詳細については建築基準法第53条で […]

デザイン住宅業者のおすすめ、部屋をおしゃれにする雑貨

そろそろお部屋のインテリアを模様替えしたいと考えている方や、新しい家に住むことになりおしゃれな空間を作りたいと考えている方は大勢おられますが、センスがないと出来ないと思い後伸ばしになってしまうというケースが多く見られます […]

より快適な住宅にできる暮らし方のデザインのコツとは?

住宅は家族がくらす器です。家族がより快適にくらせる住宅をデザインするコツは、そこでくらす家族のライフスタイルに合わせた間取りをつくることと、好みのデザインを取り入れることです。 くらし方を無理に間取りに合わせてしまうと「 […]

狭小住宅購入前に知っておきたい建蔽率と容積率について

住宅建築は地震や火災に対する安全性などを考慮して、都市計画法をはじめとした法令によるさまざまな制限が課せられています。 土地や住宅をコンパクトなサイズにすることで低コスト・高効率のマイホームを実現する狭小住宅は魅力ですが […]

建蔽率と容積率とは?

マイホームを建築するための土地を探している方は、物件広告の欄にある建蔽率や容積率といった文字を見かけることがあるでしょう。 建蔽率とは敷地面積に対する建物の割合のことで、建蔽率=建築面積÷敷地面積の計算式で出すことができ […]

Homeへ