狭小住宅を考える際に知っておきたい、旗竿地の特徴とは?

不動産には二つとして同じものは存在しないと言われています。それは土地であっても建物であっても同じです。

特に土地に関しては、正方形や長方形、三角形などほかにもいろいろ歪な形の土地が存在しています。

それは大変興味深くバラエティに富んだものです。その中でも旗竿地という土地があります。

この土地の意味する特徴とはいったい何なのでしょうか。

 

 

旗竿地とは住宅が奥まったところにあり、そこまでたどり着くためには通路を通らなければなりません。

その通路部分を竿ととらえます。そしてその建物を旗ととらえてそう呼ぶのです。空から見た場合それが旗竿のような形をしていることから名づけられました。

旗竿地のメリットとして、狭小住宅をその部分に建てたいのであれば、土地の値段も建物も大変安く仕上がります。

基本的には旗竿地の地価は安いものが多いです。さらに狭小住宅であれば、建物の値段も安く済みますので、経済的な新築住宅が完成します。

さらに土地が奥まったところにあるので、住環境としては静かな所が多いのも特徴です。

さらに四方とも住宅に囲まれているケースが多いので、外装なども人目につかないために、派手にすることもありません。

その為の費用も浮かすことが出来るのです。このように土地や建物共に、経済的に仕上げることが出来るというメリットがあるのです。

 

 

しかしデメリットも存在しています。それは建物を建てる時に路地まで工事の車が入れないことも考えられます。

そうなると大工がその近くに車を止めて、荷物を担ぎながら通路を通らなければならないこともあります。

その為に大工の工賃もアップしてしまうことが考えられます。他にも駐車が不便になるという事も考えられます。

通路は狭い場合が多く、そこを車で通れれば問題ありませんが、注意が必要なケースもあります。

 

 

さらに電気やガス、水道が通っていない場合には、開通させなければならないのでその点でも費用が掛かります。

このような土地の場合にはインフラが整っていないケースもあるのです。そして一番の問題点は、採光の問題です。

このような土地では周りを家に囲まれているケースが多く、太陽の光が遮られる可能性もあるのです。

そのために洗濯物が乾きづらい等のケースも考えられます。それ以外にも風通しが悪くなることも考えられます。

建設するときにはその点も注意しなければなりません。
このように旗竿地は経済的である半面、デメリットもあります。

そのような土地を購入して建物を建てる時には、専門家と相談して、悔いのないような建物を建てるようにしましょう。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ