くらし方のデザイン、照明でおすすめのものって?

皆さんはくらし方のデザインとしてどのようなところに気を使っていますか?
人それぞれに様々なこだわりがあることでしょうが、今回紹介したいのがおすすめの照明についてです。
照明は少し変えるだけでも、部屋の雰囲気は変わってしまいます。
そこで、ここから先では、どのような照明がおすすめなのか述べていくことにしましょう。

 

□ダクトレール(ライティングレール)
ダクトレールという照明器具では、電気の通ったレールにいくつかの照明を装着することで使います。
このレールには、スポットライトから吊り下げタイプのライトまでレール対応の照明をつけることが可能です。
取り付けるライトの位置をレールの間であれば、自由に移動させることが可能であるので、家具の位置を変えたりしても柔軟に対応することができます。
また、部屋の雰囲気を変えたいときにはライトの数を増やすなどすると雰囲気をかなり変えることも可能です。

 

□ペンダントライト(吊り下げ灯)
ペンダントライトは昔からあるタイプの照明で、吊り下げているタイプのライトのことを指します。
大きさはいろいろな大きさがあるので、大きなサイズのものはリビングのメインとして使用したり、小さなサイズのものであれば、間接照明として使用したり、用途によってさまざまに使い分けることができます。
デザインもシンプルなものから傘がついていているようなデザイン性の強いものまで幅広くあるので、自分の部屋にあったものを探すとよいでしょう。

 

□ブラケットライト(壁付け照明)
壁付け照明は、基本的にメインライトとしてではなく、補助的なライトとして壁に取り付けて使います。
リビングの他にも、階段や廊下などで使用すると、おしゃれな雰囲気も出て、おすすめです。
壁面ををおしゃれに演出できるので、おしゃれなお部屋に憧れがある方には、ぜひおすすめのライトです。

 

□シャンデリア
シャンデリアをリビングに備え付けると、一気にゴージャスな雰囲気を醸し出すことができます。
部屋に高級感を持たせたいとお考えのような方にはシャンデリアはぜひおすすめです。
また、ゴージャス感が印象的なシャンデリアですが、実用的な明るさも備わっているので、機能性も十分にあります。

 

□最後に
以上のように、どのような照明がおすすめなのかについて、解説してきました。
機能性の高い照明を選びたい、おしゃれな部屋にしたい、などとお考えのような方には、ぜひこの記事を役立てていただけると幸いです。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ