SE構法はどのように地震に耐えるのか、その仕組みを解説

みなさんはSE構法という建築方法をお聞きしたことはあるでしょうか。
よく知らないという人も多くいらっしゃることでしょう。
簡単に説明すると、SE構法が取り込まれた住宅は、非常に耐震性に優れています。
では、SE構法が取り込まれた住宅では、どのようにして地震に耐えるのか、その仕組みについて解説していくことにしましょう。

 

□品質に優れ強度の高い「構造用集成材」を使っている
SE構法が地震に負けない理由の一つとして、強度が高く品質の安定した「構造用集成材」を使っていることが挙げられます。
一般的に自然のままの木材では、乾燥の度合いや木材自体の強度が把握しづらいところがあります。
しかし、「構造用集成材」では、水分をそれほど含んでおらず、部材ごとに強度が示されています。
このことによって、設計に際して、どの部材をどの部分に使えばよいかが明確にして、設計を行うことができます。
このようにして、SE構法が素晴らしい耐震性を誇ることが可能となるのです。

 

□ラーメン構造
SE構法を取り込んでいる建物が地震に簡単に負けない理由として、2つの材木の接合部に「ラーメン構造」という考え方が取り込まれている、というのもあります。
従来通りの建築方法では、2つの材木の接合部では単純に繋がっているだけになってしまっていることが多いです。
したがって、従来通りの建築方法を採用している住宅では、横揺れなどが起こってしまうと、簡単に倒壊してしまう恐れがあります。
一方で、「ラーメン構造」が取り込まれている住宅では、重量鉄構造のような柱と梁が固く接合されているため、たとえ横揺れが起きたとしても負けないような建物を建てることができます。
このように、「ラーメン構造」と呼ばれる考え方も、SE構法が誇る耐震性を上げる一つの要因となっているのです。

 

□構造計算による安全性の徹底
従来通りの木造建築では、壁量計算というやり方で安全性のチェックが行われます。
壁量計算とは、強い揺れなどを受けた際に、床面積や立面に応じて、それに耐えるだけの耐力壁の量を計測するものです。
このやり方では、構造がイレギュラーであった場合には、正確に安全性をチェックすることができません。
一方、SE構法では、実物大実験での検証の結果をもとに解析されたデータを使用して、全棟で構造計算を行うことで安全性を確かめるため、より正確なチェックを行うことができます。

 

□最後に
以上のように、SE構法では、どのようにして地震に耐えるのかについて、SE構法で扱われている建築方法や素材に照準を当てて解説しました。
ぜひ参考にしていただいて、より地震に強い安全な建物を建てるために、SE構法を取り込んでみることを検討なさってみてはいかがでしょうか。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ