パッシブデザインで取り入られている手法を実例とともにご紹介

「パッシブデザインってどんなデザインなの?」
「パッシブデザインの目的や特徴とかも知りたい。」

このような思いはお持ちではないでしょうか?

パッシプデザインとは何と思われてる方もたくさんいらっしゃると思います。
簡単い言いますと太陽や風などの自然エネルギーを有効活用して快適な住まいを作ることです。
パッシブの意味を調べると受動的と意味がでます。
この意味そのもので、太陽や風の自然エネルギーを受動的に利用して快適にすることをさします。
パッシブデザインと一言でまとめても様々な手法が存在します。
そこで今回は、パッシブデザインの目的や手法を実例に沿ってご紹介していきます。

□パッシブデザインの目的

建物を工夫して自然の力を取り入れてそれらの自然エネルギーを最大限に利用して室内環境を機械の力を使わずに調節しさらに省エネ効果まで発揮することです。

□太陽熱利用

冬の時期に昼間の太陽熱を蓄積させそれを持続させ日が落ちると空気循環システムで全体に熱を送るシステムです。
こちらは、北海道の家庭などよく使われていて年中寒い地域にオススメです。

□日射遮蔽

とても暑い夏、外付けのブラインで熱を逃がします。
それによって熱を遮断して涼しさを保つことが可能になります。
こちらの実用例は、比較的どんな家庭でも使われています。

□昼光利用

日中の太陽の光を利用してうまいこと電気を使わずに生活できる環境にする。
昼間、電気を使うことがなくなるので効果は絶大。
周りに家が多くて影になってしまう場合などに使う場合もあります。
うまいこと部屋中に日光を照らします。

□高断熱・高気密

あったかい部屋を保ったり、涼しい部屋を保つことができる。
パッシブデザインと言えば高断熱です。
最強の高断熱を持っていますので寒い地域は比較的おすすめです。

□ヨーロッパでは主流

ヨーロッパのような寒い地域では木造の建物だけではなく鉄筋コンクリートでも使用されるほど主流です。
マイナス20度にになるような国でも暖房なしで住めるほど、断熱性が高く省エネで住めます。
しかし、日本では夏になると灼熱地獄になってしまいます。
ですので、断熱性だけではなく、換気や風通しの良い構造にしないといけないため高度な技術が要求されるため費用が高くなってしまう場合もあります。

□最後に

今回は、パッシブデザインの目的や手法を実例に沿ってご紹介しました。
パッシブデザインの物件はとてもおすすめです。
皆さんも環境を考えた物件に住んでみてはいかがでしょうか?

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ