SE構法とはどんなもの?その特徴について解説

「家を建てるか迷っていて、SE構法ってのを見たけど何だろう。」
「SE構法にはどんな特徴があるのか知りたい。

そのような思いはお持ちではないでしょうか?

SE構法には様々な特徴があります。
そこで今回は、SE構法の解説やその特徴といった所をご紹介していきます。

□SE構法とは?

簡単に言いますと、大工の勘や技術とかではなく科学的な数値によって決められる構法です。
SE構法は体育館や大型店舗といった大型施設に使われている構法です。
とても大きな建物を支える力を持つSE構法にはどんな特徴があるのでしょうか?
今からみていきましょう!

□SE構法特徴

・耐震に強い

一般の木材ではなくて科学的に強度の数値が一つずつわかるように作られている木材を使っています。
地震が起こる際、どこが原因で倒れるかと言いますと柱と梁で決まってきます。
その柱と梁をつなげる部分がより精密にできるため耐震効果が絶大です。
それと柱と家の基礎をつなげる部分も最強です。
この部分が壊れてしまうと倒壊の危険があります。
従来の木造建築に比べると5倍程度耐久値が違います。
実例で言いますと、東日本大震災の際SE構造で建てられた建物の倒壊は0でした。
従来の木造建築に比べたらはるかに強いのは一目瞭然です。

・自由度が高い

壁や柱一本づつ強い構造となっているので無駄な柱を置く必要がないので比較的自由な空間ができ色々な住宅を作ることが可能になります。
その中で、どういった構造が可能かご紹介します。

□実際建っている自由度の高い物件

・大空間

構造上、部屋の壁をなくすこともできますので普通ではありえない大空間を演出することが可能です。
少しでもリビングを広くしたい人にはオススメです。

・大開口

設計上、部屋にものすごく大きなガラス張りの窓をつけることも可能です。
一般的な構造では、壁がなければ耐震効果が下がってしまいます。
ですが、SE構法の場合大きな窓をつけても変わりません。

・吹き抜け

1階と2階で同じ空間にしてしまう吹き抜けは大人気です。
こういった2階の床をなくすこともSE構造だから大丈夫なのです。
圧倒的な自由な空間を得れるのもSE構造の特徴です。

□最後に

今回は、SE構法の解説やその特徴といった所をご紹介してきましたが皆さんいかがだったでしょうか?
SE構造の特徴をまとめると地震にかなり強くなおかつ比較的自由な空間を設けられることです。
皆さんもSE構法をご検討してみてはいかがでしょうか?

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ