重量木骨の家を扱う業者が解説、制振と免震の違い

皆さんこんにちは!
今回は、重量木骨の家に住むか迷っている方や、耐震以外の構造を知らない方へ制振構造と免震構造について紹介と違いついてを解説していきます。

□制振構造

建物内に配置した制振部材ダンパーで、地震エネルギーを吸収する仕組みです。
ダンパーが地震エネルギーを吸収することによって、建物重量を支える主架構の損傷を抑えてくれます。
大地震に主架構の損傷をゼロにすることも可能だったり、大地震後ダンパーが壊れることは少なくほとんどの場合交換をしなくていいです。
ただし壊れているところを調査し、万一、壊れていたりしたものは補修・交換することで、地震が起こる前の状態に戻すこともできます。
耐震構造と比べると地震時の揺れの大きさは抑えることができます。
ダンパーの効果で建物の層間変形すら小さくすることが出来、費用も性能に比べたら比較的に経済的です。

□免震構造

免震構造の場合は建物内の揺れを軽減する力が一目瞭然です。
免震装置を建物の下に設置することによって地震から建物を守ります。
その免震装置の仕組みは、大きな地震が家に到着する前にそのエネルギーを吸収してゆるやかな横揺れに変え、家具の転倒などの被害を最小限に食い止めます。
耐震構造や制震構造に比べたら揺れが三分の一程度なります。
実際に、免震装置をつけた学校では大きめの地震がきた次の日から何事もなく始める実績を持っています。

・免震装置とは?

鉄とゴムを重ね合わせた積層ゴムといわれるものです。
鋼板とゴムを何重にも重ねることによって上下の圧に耐えながらも左右の揺れにはゴムの力を利用し変形し復元するので正直最強です。
シェア率の高いブランドがあったりしますがほとんどの面積装置は最強です。
こんなに強い防御力を持っているのに耐震や制振に比べて普及してない理由の一つが工事費が高かったり少し時間がかかってしまったりすることで利用者は増えないそうです。
しかし、近く襲来するといわれる首都直下型地震や南海トラフといった地震のことを考えると万全な対策が必要なのは間違いないです。

□最後に

今回は、制振構造と免震構造について紹介と違いついてを解説してきましたが皆さんいかがだったでしょうか?
耐震構造、制振構造、免震構造の3種類の構造があります。
良くすれば良くするコストがかかってしまうのはしょうがない事です。
今の時代では、耐震がついていない家はないようなものです。
皆さんが安心・安全に生きていける家を選んでくださいね。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ