パッシブデザインにおける間取りのポイントって?

パッシブデザインって言葉は知っているけど具体的にどのように取り入れるのか知らない、という方は多いのではないでしょうか?
そこで今回は、パッシブデザインにおける間取りの3ポイントをご説明します。

□光と風の通り道を考える
ほとんどの住宅は周りに既存の建物があるはずです。
特に密集地に建てる場合は、光と風の通り道を想定しなければなりません。
そのようにすることで、各部屋の通風と心地の良い日光を確保でき、快適に生活できます。

□総2階建てにする
「総二階建ての家」とは「1階と2階の面積の差がほとんどない家」のことを指します。
構造的に単純であるので、耐久性に優れています。
また、維持コストが抑えられるということも魅力です。
廊下が少なくコンパクトな家であると、熱損失が減少します。

□間取りを立体的に考える
季節によって太陽の角度は異なります。
立体的に考えることで室内に光はどのように届くか、夏の太陽の光をどう遮るのか、空気をどう循環させるか、が分かるようになります。

□まとめ
以上、パッシブデザインの間取りにおけるポイントについてご説明しました。
みなさんもポイントをしっかりと踏まえた上で、パッシブデザインについて考えましょう。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

パッシブデザインって何?その特長について解説します

みなさんは「パッシブデザイン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? パッシブデザインについては何でも知っているという方は少ないと思います。 そこで今回は、パッシブデザインの特長について解説します。 □パッシブデザイン […]

パッシブデザインで間取りを考えるときに注意しておきたいこと

パッシブデザインはお金をかけずに間取りなど家の作りを工夫することにより自然の力を最大限に利用して設計する手法です。 本来のエコ住宅を考えるうえで欠かせない要素ですが、そこには注意すべき点がいくつかあります。 まず、太陽の […]

パッシブデザインから考える空調の流れの工夫

パッシブデザインとは、受動的に太陽や風といった自然エネルギーを取り入れ、省エネルギーで快適に住める事です。 ここからわかるのは、パッシブデザインの上手なところは太陽の光を温暖に変えたり自然に流れるかぜを味方にして快適な住 […]

パッシブデザインで取り入られている手法を実例とともにご紹介

「パッシブデザインってどんなデザインなの?」 「パッシブデザインの目的や特徴とかも知りたい。」 このような思いはお持ちではないでしょうか? パッシプデザインとは何と思われてる方もたくさんいらっしゃると思います。 簡単い言 […]

パッシブデザインにはどんな手法があるの?事例とともにご紹介

パッシブデザインって聞いたことはあるけど、具体的な手法まで知っていますか? そこで今回はパッシブデザインの手法について、事例を交えながらご紹介します。 □日射遮へい 日射遮へいの代表的な手法を2つご紹介します。 *オーニ […]

Homeへ