パッシブデザインって何?その特長について解説します

みなさんは「パッシブデザイン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
パッシブデザインについては何でも知っているという方は少ないと思います。
そこで今回は、パッシブデザインの特長について解説します。

□パッシブデザインとは?
パッシブデザインとは自然エネルギーを利用して、快適な住まいを設計する方法のことを指します。
機械設備の利用を最小限に抑え、自然を活用するデザインです。

□特長
*環境にやさしい
エアコンやストーブ、電気などを使う回数が減るので、環境にやさしいです。
エアコンは1日1時間運転時間を短くするだけで2.4kgもの二酸化炭素を削減できます。
また、照明の点灯時間を1日1時間短くするだけで0.7kgの二酸化炭素を削減することが可能です。
パッシブデザインを採用することで1年のうちで非常に多い二酸化炭素を削減できることが分かります。

*快適に暮らせる
室温や湿度が安定するため、快適に生活を送れます。
冷房を使わなくても涼しく、暖房をつけなくても暖かく過ごせるため、不満なく暮らせます。

*お財布にやさしい
パッシブデザインを取り入れると、冷暖房をつける回数や照明を使う時間が減ります。
今までの生活より快適に暮らせるのに、光熱費が大幅に減少するのです。

以上、パッシブデザインの特長についてご紹介しました。
みなさんもパッシブデザインについての理解を深め、デザインに取り入れるか検討してみてくださいね。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ