デザイン住宅業者が解説、吹き抜けにカーテンを設置する効果

みなさんは、吹き抜けにはカーテンを設置すべきであることはご存知でしょうか。
しかし、「吹き抜けにはカーテンを設置すべき」と言われても、何の意味があるのかわからない方もいらっしゃるかもしれません。

実は、これをすることで、快適な生活を実現しやすくなるのです。
今回は「吹き抜けにカーテンを設置する効果」について紹介いたします。

【ロールカーテンで冬場も暖かくなる】
吹き抜けのある家は、空間を広く見せることができ、インテリアで楽しむことができ、窓から光を取り入れられることから、人気の間取りの一つであるといえます。

しかし、吹き抜けには空調が利きにくいというデメリットを持っています。
実際にこのことでお悩みの方は、天井にロールカーテンを設置するとよいでしょう。
それは、暖房によって温めた空気が天井の方に逃げていくのを防ぐことができるからです。

冬場、寒さの深刻な吹き抜けの部屋の悩みが、ロールカーテン1つで解決するというのは、非常に便利ですよね。

家自体の構造を変えて解決することが難しい方は、この方法で、ローコストで解決してみてはいかがでしょうか。

以上、吹き抜けにカーテンを設置する効果についてご紹介しました。
快適な家にするには、こうした工夫も肝心です。

家の構造や家電に頼るだけではなく、少しアイテムをうまく利用すると、安く効率的に悩みが解決できることがあります。
注文住宅なら、株式会社ホープスにご相談ください。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ