デザイン住宅業者が解説、吹き抜けの寒さ対策では何ができる?

「吹き抜けの家って、冬は寒いんでしょ?」
とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、吹き抜けの家でもしっかりと対策をすることで、寒くない快適な生活を送ることは可能なのです。
そこで今回は、「吹き抜けの寒さ対策」についてご紹介いたします。

【高気密高断熱の家にする】
吹き抜けの家で寒くない生活をしたいのなら、まずは家自体の性能から環境を整える必要があります。
そのためのキーワードとは、「高気密高断熱」です。
高気密高断熱の家であると、室温が外気の影響を受けにくく、部屋ごとの温度差が感じにくくなります。

【天井を塞げるようにする】
高気密高断熱のように家の性能から考えることが大切ですが、建てる時に寒さ対策を重要視しておらず、住んでから寒さに悩まされることになった方には、実現が難しい対策です。

しかし、そのような方でも天井を塞げるような設備を後から取り付けるだけでこの悩みを解決することができます。
吹き抜けが寒い原因は暖かい空気が上に逃げてしまうことです。
そのため、ロールスクリーンや断熱パネルを張り、天井を低くすることが有効であるといえます。

以上、吹き抜けの寒さ対策についてご紹介いたしました。
おしゃれには、犠牲がつきものですが、やはり快適な生活は送りたいものです。

寒さでお困りの方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
注文住宅なら、株式会社ホープスにお任せください。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ