デザイン住宅業者が解説、外観を意識したおすすめの色は?

「おしゃれな家」に住みたいというのは、誰しもが思うことですよね。
しかし、戸建ての外観を決める時に、自分の好きな色を優先しすぎてしますと、かえって見た目が悪くなってしまうことがあります。
では、外観をよくするためには、どのような色選びをするべきなのでしょうか。
今回は、「外観を意識したおすすめの色」についてご紹介いたします。

【白・グレー・ベージュが無難】
外観を考える上で大切なのは、「機能性」「調和」です。
機能性とは、汚れが目立つがどうか、調和とは、周りの街並みに馴染むかということです。
外壁に塗装する塗料次第で、汚れのつき方は変化しますが、長い間その家に住んでいると汚れは少なからず付くものです。
頻繁に掃除をすることが負担にならない方には、「白」がいいでしょう・
頻繁に掃除をすることを避けたい方は、グレーやベージュがおすすめです。

あまりに派手な色にしてしまうと、その家自体はかっこよく見えても周りの景色とは調和できず、見た目が浮いてしまう可能性があります。
外観を決める時に主観に偏らず、近隣との調和という点でも考慮すると、風景に馴染む良いお家が完成します。

以上、外観を意識したおすすめの色についてご紹介しました。
汚い家や地味な家にはしたくないですよね。

調和の取れたおしゃれな家にするには、シックで落ち着いた家、もしくはモダンなおしゃれな家を目指すことが無難であるといえます。
10年後も満足できる家にしたいものです。
戸建てを建てるなら、株式会社ホープスにご相談ください。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ