狭小住宅をお考えの方注目、おすすめのキッチンのタイプは?

キッチンとは、収納するものが多く、生活する上で必ず必要な場所ですよね。
キッチンの選び方を間違ってしまうと、収納がしづらく、その空間に狭い印象を与えてしまう場合があります。
では、狭小住宅で快適な生活を送るためにはキッチンのタイプどのようなものにするべきなのでしょうか。
今回は、「狭小住宅におすすめのキッチンのタイプ」についてご紹介いたします。

【壁づけI型】
幅が狭い狭小住宅の場合は、できるだけ使う空間を抑えるために壁づけのI型のキッチンを採用すべきでしょう。

壁付にし、部屋の中央にスペースを確保することで大きなテーブルを置くことも可能になります。

【キッチンとテーブル直結型】
より空間を広く活用することを重視したいなら、キッチンの天板がそのままテーブルに直結しているタイプもおすすめです。

スペースを最小限に抑え、キッチンからダイニングまで料理を運ぶ手間も省けるため、作業効率の面でもメリットがあるといえます。
収納が足りない場合は、ダイニングの壁面などにも棚を設けることができるため、収納不足の心配もありません。

以上、狭小住宅におすすめのキッチンのタイプについてご紹介いたしました。
狭小住宅の場合は、今回の内容を踏まえてキッチンを選んでみてはいかがでしょうか。
キッチンとダイニングを近くすることで家族間のコミュニケーションを促すこともできます。
狭小住宅を建てることをお考えの方は、ぜひ一度株式会社ホープスにご連絡ください。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ