狭小住宅の間取りの活用、リビングを広く見せる工夫

狭小住宅を建てるときに注意したいことの一つに、「空間を広く見せること」がありますよね。
狭小住宅という敷地面積が狭い住宅において、空間を広く見せるには様々な工夫をする必要があります。
では具体的にどのような工夫が有効なのでしょうか。
今回は、「狭小住宅のリビングを広く見せる工夫」についてご紹介いたします。

【背の高い家具を置かない】
背の高い家具を置くと、圧迫感を与えてしまい、空間を窮屈に見せてしまいます。
そのため、置く家具を背の低いものに揃え、視界を遮るものをできるだけ少なくするべきでしょう。
特に部屋の入口付近に物を置くのを避け、部屋全体を見渡せるようにすると、開放感を演出できます。

【床を見せる】
部屋全体に対して占める面積が同じでも、脚のある家具を選び、床を見えるようにするだけで空間を広く見せることが可能です。

ソファを選ぶ際にも、全体が革で覆われているものを選んでしまうと、部屋を狭く見せてしまうことがあるため、注意する必要があります。

以上、狭小住宅のリビングを広く見せる工夫についてご紹介いたしました。
リビングにはどうしても物が多く集まってしまい、狭小住宅の場合、特に窮屈に感じやすいですが、今回の内容を参考にすることで同じ広さの空間でも広く感じさせることができます。
狭小住宅なら株式会社ホープスにお任せください。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ