狭小住宅の間取りの活用、リビングを広く見せる工夫

狭小住宅を建てるときに注意したいことの一つに、「空間を広く見せること」がありますよね。
狭小住宅という敷地面積が狭い住宅において、空間を広く見せるには様々な工夫をする必要があります。
では具体的にどのような工夫が有効なのでしょうか。
今回は、「狭小住宅のリビングを広く見せる工夫」についてご紹介いたします。

【背の高い家具を置かない】
背の高い家具を置くと、圧迫感を与えてしまい、空間を窮屈に見せてしまいます。
そのため、置く家具を背の低いものに揃え、視界を遮るものをできるだけ少なくするべきでしょう。
特に部屋の入口付近に物を置くのを避け、部屋全体を見渡せるようにすると、開放感を演出できます。

【床を見せる】
部屋全体に対して占める面積が同じでも、脚のある家具を選び、床を見えるようにするだけで空間を広く見せることが可能です。

ソファを選ぶ際にも、全体が革で覆われているものを選んでしまうと、部屋を狭く見せてしまうことがあるため、注意する必要があります。

以上、狭小住宅のリビングを広く見せる工夫についてご紹介いたしました。
リビングにはどうしても物が多く集まってしまい、狭小住宅の場合、特に窮屈に感じやすいですが、今回の内容を参考にすることで同じ広さの空間でも広く感じさせることができます。
狭小住宅なら株式会社ホープスにお任せください。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

狭小住宅を考える際に知っておきたい、旗竿地の特徴とは?

不動産には二つとして同じものは存在しないと言われています。それは土地であっても建物であっても同じです。 特に土地に関しては、正方形や長方形、三角形などほかにもいろいろ歪な形の土地が存在しています。 それは大変興味深くバラ […]

狭小住宅でリビング階段を取り入れるメリットって?

お住まいの家が狭小住宅で、物の置く場所に困ってしまっている人はおられませんか? どれだけ住まいが狭いかろうとも、大切な物や必要な物は簡単に捨てたりすることはできないですよね。 そんな方にオススメなのが、家の階段をリビング […]

狭小住宅のスペースを有効に、階段下の使い方とは?

自宅で狭小住宅で、物を置く場所に困っている方はおられませんか? 自宅が狭いからといって、必要なものや大切なものは簡単に捨てたりできないですよね。 そんな方に提案したいのが、階段下のスペースを有効活用することです。 ですが […]

狭小住宅の間取りの活用、階段でできる工夫は?

狭小住宅の間取りにおいて大切なのは、デッドスペースの活用ですよね。 そして、そのデッドスペースが生じやすいところとは階段です。 しかし、「階段のデッドスペースを活用しよう!」といっても、具体的にどのように活用すればいいの […]

狭小住宅をお考えの方注目、おすすめのキッチンのタイプは?

キッチンとは、収納するものが多く、生活する上で必ず必要な場所ですよね。 キッチンの選び方を間違ってしまうと、収納がしづらく、その空間に狭い印象を与えてしまう場合があります。 では、狭小住宅で快適な生活を送るためにはキッチ […]

Homeへ