3階建ての狭小住宅、収納スペースはどう確保する?

狭小住宅を建てる際に、一番注意したいことはスペースを有効活用して生活スペースを広く確保することです。
しかし、このことにこだわりすぎていると、「無駄を削りすぎて収納スペースが足りない!」ということも起こりかねません。
そこで今回は、「狭小住宅の収納スペースの確保の仕方」についてご紹介します。

【デッドスペースを見直そう】
家の間取りの中ではどうしても使われていない空間(デッドスペース)が生じてしまいます。
押入れなど、はじめから収納の目的で空間が設けられているところ以外にも、「階段の下」や「キッチンの吊り戸棚の下」など、使われていない空間に着目してみるといいでしょう。

特に、収納のスペースが多く必要なキッチンにおいては、市販の戸棚の下に掛けるタイプのラックを活用すると簡単に収納スペースを作ることができます。

収納スペースを確保することと同時に、家の中にあるものを少なくすることも心がけたいものです。

以上、狭小住宅の収納スペースの確保の仕方について紹介いたしました。
敷地面積は小さくても、空間の使い方次第で快適に過ごすことができます。
狭小住宅を建てることをお考えの方は、ぜひ一度株式会社ホープスに連絡してみてはいかがでしょうか。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ