3階建ての狭小住宅、おしゃれな空間にするコツ

狭小住宅と聞くとイメージするのは、地味な3階建てといった印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、実は狭小住宅でもおしゃれな家にすることは可能なのです。
では、具体的に何に注意すればおしゃれな家にすることが可能なのでしょうか。
今回は、「3階建ての狭小住宅をおしゃれ空間にするコツ」についてご紹介いたします。

【1階には採光が重要】
狭小住宅の1階部分は、暗くなりがちなスペースの一つです。
家の入口から暗いと、その部屋の印象が下がってしまいます。
そのため、できるだけ1階の天井は高くし、室内に充分な明るさを取り入れることで、広く感じさせ、部屋全体の印象を良くすることができます。
インテリアや内装以前に、こうした間取りの段階から注意が必要です。

【ロフトで書斎スペースを作る】
ロフトで自分の空間を持てるというのは理想の家ではないでしょうか。
狭小住宅でもそれは可能です。
おしゃれのために生活上の利便性を犠牲にする必要はなく、こうしたロフト部分に自分に必要なものを置き、共有スペースに置くものはできるだけ少なくすることで、部屋全体の窮屈さを取り除き、おしゃれを楽しむことができます。

以上、3階建ての狭小住宅をおしゃれ空間にするコツについてご紹介いたしました。
狭小住宅をおしゃれにするには、開放感を演出することが肝心です。
実際に間取りを考える時は、今回の内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。
デザイン住宅に興味のある方は、ぜひ一度株式会社ホープスにご連絡ください。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ