狭小住宅をお考えの方へ、3階建てにおける後悔って?

「狭小住宅なら3階建てがいいって本当?」
とお思いの方は多いのではないでしょうか。
敷地が狭い狭小住宅において、その床面積を確保するために、2階や3階建てにするというのはご存知であるかもしれません。

しかし、3階建ての狭小住宅を建てる際には、しっかりと計画時から注意をしていないと、生活に不便が生じ、後悔することになるかもしれません。
そこで今回は、「狭小住宅の3階建てで後悔しないために注意すべきこと」についてご紹介いたします。

【動線を考慮した間取りにしよう】
3階建ての家において、一番注意したいことは家事動線の無駄をなくすことです。
たとえば、3階に個人の部屋があり、1階にお風呂や洗濯をする場所があったら、毎日頻繁に1階から3階を行き来しなければならないということは容易に想像できますよね。
若いうちは大丈夫でも、歳を重ねていくうちにその負担は大きくなっていきます。

また、2階にリビングを作る際は、家電や家具の搬入ができるかどうかを確認すべきでしょう。
家が完成して、引っ越しの搬入をするときに冷蔵庫が2階に運べず、ベランダから引き上げるしか方法がないこともあります。

空間を有効に使うことに気を取られ、生活に支障のある間取りにしてしまわないためにも、まずは生活をしっかりとイメージすることが大切です。

以上、狭小住宅の3階建てで後悔しないために注意すべきことについてご紹介いたしました。
狭小住宅には、狭い敷地面積からマイナスイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、日当たりや風通しの良さなど、メリットも多くあります。
デザイン住宅を建てることをお考えの方は、ぜひ一度株式会社ホープスに連絡してみてはいかがでしょうか。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ