狭小住宅をお考えの方へ、3階建てにおける間取りの工夫

「土地の値段をできるだけ安くして家を建てたい!」
という方の中には、狭小住宅をお考えの方も多いのではないでしょうか。
狭小住宅を建てる際には、空間の上手な使い方が大切です。
そこで今回は、特に3階建ての狭小住宅の間取りで工夫すべきことについてご紹介いたします。

【空間の区切り方には注意】
敷地がせまい狭小住宅では、居住スペースが狭くなりがちです。
そのため、間取りを普通の住宅のように考えるのではなく、空間を有効に使えるように工夫を施す必要があります。

たとえば、「空間の区切り方」には注意しましょう。
部屋ごとに壁で区切るのが普通の住宅では当たり前ですが、狭小住宅の場合はプライバシーが求められる場所を除いて、出来る限り壁を作らないようにすると、空間を広く感じさせることができます。

このときに有効なのが、スキップフロアを作ることです。
1.5階や2.5階を作ることで、段差が部屋の区切りとして機能するため、壁を作る必要がありません。

以上、3階建ての狭小住宅の間取りの工夫についてご紹介いたしました。
狭小住宅をこれから建てることをお考えの方は、今回の内容を参考にしてみるといいかもしれません。
デザイン住宅に興味のある方は、ぜひ一度株式会社ホープスにご相談ください。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

狭小住宅をお考えの方へ、3階建てにおける後悔って?

「狭小住宅なら3階建てがいいって本当?」 とお思いの方は多いのではないでしょうか。 敷地が狭い狭小住宅において、その床面積を確保するために、2階や3階建てにするというのはご存知であるかもしれません。 しかし、3階建ての狭 […]

狭小住宅で広く暮らす。間取りの工夫をお教えします!

狭小住宅も住んでしまえば都というのが一般的ですが、それでもできるだけ広く使うという間取りの工夫を施し、より快適に暮らしたいと思うのは人情と言えます。 まずは一番スペースを占領するベッドが対象で、ここを工夫するのが最も効果 […]

狭小住宅を広く感じさせるためにできる間取りの工夫とは?

狭小住宅で生活するとなれば、いろいろと不便な事が出てきます。 そこでスペースを有効活用して、暮らしやすい間取りの工夫をしていかなければいけません。 例えば狭小住宅で悩まされる場所といえば階段です。 狭い土地でより多くの生 […]

狭小住宅の間取り!過ごしやすい空間を作ろう!

狭小住宅は土地の値段も比較的安く、税金も一般的な家屋に比べるとそれほど高くない事もあって注目を浴びています。 その一方で、きちんと間取りを考えておかないと、長く生活していくはずなのに「住みにくい家」と感じてしまうことがあ […]

狭小住宅の間取りの活用、階段でできる工夫は?

狭小住宅の間取りにおいて大切なのは、デッドスペースの活用ですよね。 そして、そのデッドスペースが生じやすいところとは階段です。 しかし、「階段のデッドスペースを活用しよう!」といっても、具体的にどのように活用すればいいの […]

Homeへ