狭小住宅をお考えの方へ、3階建てにおける間取りの工夫

「土地の値段をできるだけ安くして家を建てたい!」
という方の中には、狭小住宅をお考えの方も多いのではないでしょうか。
狭小住宅を建てる際には、空間の上手な使い方が大切です。
そこで今回は、特に3階建ての狭小住宅の間取りで工夫すべきことについてご紹介いたします。

【空間の区切り方には注意】
敷地がせまい狭小住宅では、居住スペースが狭くなりがちです。
そのため、間取りを普通の住宅のように考えるのではなく、空間を有効に使えるように工夫を施す必要があります。

たとえば、「空間の区切り方」には注意しましょう。
部屋ごとに壁で区切るのが普通の住宅では当たり前ですが、狭小住宅の場合はプライバシーが求められる場所を除いて、出来る限り壁を作らないようにすると、空間を広く感じさせることができます。

このときに有効なのが、スキップフロアを作ることです。
1.5階や2.5階を作ることで、段差が部屋の区切りとして機能するため、壁を作る必要がありません。

以上、3階建ての狭小住宅の間取りの工夫についてご紹介いたしました。
狭小住宅をこれから建てることをお考えの方は、今回の内容を参考にしてみるといいかもしれません。
デザイン住宅に興味のある方は、ぜひ一度株式会社ホープスにご相談ください。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ