本当に価値のある資産住宅にするために気を付けたい3つのポイント

住宅を購入するとなると、20年や30年といった長期のローンを組んで購入する人がほとんどです。
長く住み続ける内に何らかの事情で家を手放したり、引越しが必要になる事があります。
そういったケースも想定して、売却する際に価値の高い資産住宅を購入すべきです。

資産住宅にするためのポイントとしてまず挙げられるのが、立地条件の良さだったりします。
具体的には出来るだけ駅や商業施設が近くにあって、暮らしの利便性が高い住宅を購入すべきです。

立地条件が悪い住宅だと幾ら建物が豪華でも、暮らしの利便性の悪さという欠点により利点が打ち消されてしまいます。
なので立地条件の悪い家は資産住宅とは呼べないので、購入する際は注意が必要です。

購入する際は、工法にも拘る事が資産住宅にするためには重要なポイントだったりします。

日本は外国と比較しても、地震が非常に多い国です。
そのためぱっと見の外観は同じでも、耐震性や住宅の丈夫さに不安がある家だと資産価値が低くなるので注意しなければなりません。

更に工法は耐震性以外にも、住み心地にも影響するので重要です。

資産住宅にするためのポイントとしては、外観や内装のデザインも重要だったりします。
しかも単にお洒落なだけでなく、住み心地の良さとのバランスを考えた内装にすべきです。
幾ら内装がお洒落でも、住み難い間取りだったりすれば資産価値が高まる事はありません。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

資産住宅にもなる?重量木骨の家の魅力をご紹介

みなさんは重量木骨の住宅というのをお聞きしたことはあるでしょうか? 聞いたことはあるけど、あまりよく分からないというような方など様々であるでしょう。 そこで、ここから先では、資産住宅にもなる、重量木骨の家の魅力について解 […]

資産住宅を考える際に気になる、減価償却の目安と維持費用

皆さんは資産住宅というのはお考えになったことはあるでしょうか? 資産住宅を考える際には、減価償却の目安と維持費用について気になることだと思います。 そこで、以下では資産住宅を考える際に気になる、減価償却の目安と維持費用に […]

資産住宅をお考えの方へ、旗竿地のメリットとデメリット

賃貸住宅をお考えの方なら、「旗竿地」という言葉を聞いたことがあると思います。 今回は旗竿地のメリットとデメリットについてご説明します。 □旗竿地とは? 旗竿地とは土地の形が旗のような形になった土地のことを指します。 通路 […]

住むだけではもったいない!数十年後も生かせる資産住宅とは

日本で建設されている多くの住宅は、新築状態の時が一番資産価値が高く、年月がたつごとに価値が少しずつ下がっていくことが一般的です。 30年ほどで家をたてなおす人が多かったので、年月がたてば劣化をして価値がないと考えられてい […]

資産住宅をお考えの方へ、住宅瑕疵担保責任保険についてご存じですか?

わが国では住宅の扱いといえば、家電製品や自動車などと同じ耐久消費財のひとつとみなされることが多いといえます。 しかし一般のサラリーマンの年収の何倍ものコストをかけて購入するものにほかなりませんので、積極的に将来にわたって […]

Homeへ