家の中から考える、老後の暮らし方のデザインとは

老後の暮らし方というと、ネガティブなイメージをもたれるかたが多いかもしれません。
そのネガティブなイメージの老後を快適に暮らすにはやはり家が大切です。
安全に楽しく暮らせる老後の暮らし方のデザインを考えていきたいと思います。

基本的にはバリアフリー住宅にすることが一番です。
将来車椅子を必要とする可能性も考えての住宅が良いかと思います。
敷地内に入ってから玄関ドアまで車いすで移動しやすいようにスロープがあるといいでしょう。

そして、玄関、トイレ、風呂、居室それぞれの入り口にも段差はないほうがいいでしょう。
車椅子が必要ではなくても、加齢に伴い少しの段差でもつまずいてしまい、転倒することも増えてきます。
また、生活に必要なトイレや風呂は一階にあり、廊下には手すりがあると便利です。

夫婦二人の生活だけではなく、お孫さんが遊びに来てくれる家にもしたいものです。
みんなが集まるリビングは一階に、二階には、孫たちが泊まることができる、寝室も必要です。
そして、二階にもトイレがあると気遣いなく過ごしてもらうこともできます。

キッチンは家族が並んで作業ができるスペースがあれば、孫との楽しい料理の時間が増えるかもしれません。

このように老後の暮らしかたには、老夫婦の生活と、子供、孫との生活、両方を考えてデザインすることが大切です。
新しい家で、新しい老後をスタートさせましょう。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ