デザイン住宅で暮らす。こだわりたい4つのポイントとは?

デザイン住宅は自分なりのこだわりを持つことが可能です。
普通の住宅ではないこだわりを持つ住宅をつくるには、いくつかのポイントがあります。

外観はデザイン住宅にとって大切なものです。
屋根が無いものや、一定の勾配のついたものなど、多くのバリエーションがあります。
住宅の外観は屋根により決まるので、慎重な選択が望まれます。

居間は住宅の中で要となる部屋です。
デザイン住宅では居間に十分な面積を取る必要があります。
落ち着いた居間とするには、囲われた空間をつくる必要があります。

あまりに開放的な居間は、落ち着きの無いものになってしまいます。
居間に吹き抜けをつくる場合は、暖冷房の効率を考慮する必要があります。
形だけでなく、暮らしやすさを追求することも必要です。

現代の住宅は設備機器が重要な役割を果たします。
快適な住まいのためには、使いやすい設備機器が必要です。

最新のものを求めるのではなく、耐用年数の長い、実用的なものを求めるのがポイントです。
流し台はコンロの取替えが容易なことや、価格面での安さも必要です。

デザイン住宅でこだわりたいものに、設計者の選択があります。
デザインは設計者のセンスに由来するところが大です。

その設計者のこれまでの作品を知ることで、デザインの傾向を知ることができます。
良い設計者を見つけることが、良い住宅をつくることにつながります。

Homeへ