住むだけではもったいない!数十年後も生かせる資産住宅とは

日本で建設されている多くの住宅は、新築状態の時が一番資産価値が高く、年月がたつごとに価値が少しずつ下がっていくことが一般的です。
30年ほどで家をたてなおす人が多かったので、年月がたてば劣化をして価値がないと考えられていたからです。

しかし海外では新築よりも年月がたっているもののほうが様々なところに手を加えられて住み心地よくなり、重厚感もあるので資産価値が高いとされています。

そのような考え方を日本でも取り入れようという動きがあり、注目されるようになったのが資産住宅です。
資産住宅というのは、年月がたっても資産価値が減りにくい住宅のことで、性能が良いことが大きな特徴です。
家を耐久消費財として考えるのではなく、最初から性能の優れた建て方をすることで劣化を遅らせて、長く住めることを目的としています。

性能の良い家をたてるためには様々な方法がありますが、1つがSE構法に基づいてたてられたものです。
SE構法とは高度と均一性を両立させることを実現した高精度集成材とSE金物を使っている木造建築記述のことです。
家の密封性が高く、高い耐震性があるので安心と快適さを両立させることができる家です。

今まで体育館など大型建造物に使用されていた建築方法ですが、それを一般的な住宅に取り入れたことによって、間仕切壁が少ないのでリフォームがしやすく、長く快適に住める特徴があります。

Homeへ