エコに豊かに暮らす!最近流行のパッシブデザインとは

この現代に生きるすべての人は、やはり自分スタイルというものをとても大切にしています。
それはファッションなどにも顕著に表現されることはありますが、たとえば住いというものにも如実に現れます。
住まいはそこに住む人の心の表れとも言われるように、とても大切な意味を持っていますから、ここにこだわりを付加することは当然でしょう。

最近はパッシブデザインという言葉が頻繁に使われるようになりましたが、その意味を簡単に言えば、機械的な方法をとらずに建築的に自然エネルギーをコントロールすること。
たとえば、建物の温熱環境を整えようとするときには、自然エネルギーである太陽のエネルギーを採用しようとすることです。

また、自然の風を有効に使うという方法もこのデザインに入ります。
特に住まいには採光通風と言われるように、日が当たることと風通しの良いことは快適な住まいの条件となりますから、パッシブデザインはそれを実現させるものと言えます。

冬の寒い季節にはより温かく、また夏の暑い季節にはより涼しく。自然の中にあるエネルギーを効率よく家の中に取り入れることで住みやすい環境を実現します。
株式会社ホープスが提唱するパッシブデザインは、こうした自然のエネルギーを有効に使い、本当のエコというものを追求して住まいづくりをサポートしています。

Homeへ