デザイン住宅業者が解説、おしゃれな外観にするための方法は?

ライフスタイルに合わせて間取りなどを自由に決められるデザイン住宅。
家づくりをしていると間取りや内装など家の内部に注目が集まりますがデザイン住宅は外観も重要です。
今回はデザイン住宅の外観をおしゃれに見せる方法を紹介します。

まず重要なポイントになるのが家の形です。
間取りや土地の形によって変わりますが基本的にシンプルな形はスタイリッシュなイメージになり、複雑な形は豪華な印象を与えます。
イメージに合わせて選びましょう。窓の配置も外観の印象を大きく左右します。

窓の形や大きさ、数などを考えバランスよくデザインすることが大切です。
窓は外観だけでなく家の間取りとも関係してくるので両方を踏まえて慎重に決めていきましょう。

次に外壁の色です。一般的に白やベージュなどの色は明るく爽やかな印象を与えます。
特に高級感溢れる洋風の住宅にはベージュが使われていることが多いです。
ただし明るい色は汚れが目立ちやすいのが悩みです。その場合は雨で汚れが落ちる撥水性の外壁を使うことで解決します。

反対に黒やブラウンなどの暗い色は落ち着いた印象を与えます。
シンプルモダンな住宅におすすめです。
外壁の色はあまり多いとメインカラーが分かりにくくなります。

複数の色を組み合わせる場合は2~3種類程度にしておくのがベストです。
同じ色でも素材によって外観のイメージが変わります。
上手に組み合わせて素敵なデザイン住宅を目指しましょう。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ