制震と免震の違いとは?SE構法についてもご紹介

日本は地震大国、住宅への地震対策は家屋の倒壊や住む人々の命を守る上ではとても重要なことであり、近年大きな地震が各地で発生したことで認知されています。
地震対策に欠かせないと言われている耐震を初め、制震や免震、中にはSE構法と呼ぶものもあり、どれも地震対策には効果がありそうだと感じていても、実際どれを選べば良いのか迷う人は多いのではないでしょうか。

耐震は建物の強度を高めて地震の揺れに対抗する工法、制震は建築物内部にダンパーと呼ぶ振動低減装置を組み込み、地震の揺れを吸収させ、建物に粘性を持たせた形で振動を抑える工法です。
免震は建物と基礎の間に免震装置を組み込むのが特徴で、建物は地盤とは絶縁された形になり、地震の揺れを受け流す、直接的な揺れを建物に与えない工法です。

SE構法は構造建築家が開発したもので、鉄骨造やRC造などの主流になっているラーメン構造と同じ手法を木造建築に取り入れたものです。
ラーメン構造は主にマンションなどに利用が行われている構造で、SE構法はマンションなどと同じような手法で計算が行われた構造になるなどからも、耐震性や耐久性に優れている、従来の木造住宅では出来ない自由な空間づくりが出来るなどのメリットもあります。
ちなみに、SE構法は在来工法と比較した場合3.5倍もの耐震強度を持っています。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ