資産住宅をお考えの方へ、住宅瑕疵担保責任保険についてご存じですか?

わが国では住宅の扱いといえば、家電製品や自動車などと同じ耐久消費財のひとつとみなされることが多いといえます。
しかし一般のサラリーマンの年収の何倍ものコストをかけて購入するものにほかなりませんので、積極的に将来にわたって資産として位置付けられるようにしたいものです。

そうした資産住宅の考え方を採用する場合に知っておきたい知識として、住宅瑕疵担保責任保険と呼ばれるものがあります。

新築住宅には住宅品質確保促進法によって10年間の保証が義務付けられています。
しかしいくら法律で決められているからといっても、住宅メーカーや工務店などがその期間内に倒産してしまうなどして保証に応じてもらえない事態は想定されるところです。
こうした場合に備えた保険が専用の住宅瑕疵担保責任保険です。

住宅瑕疵担保責任保険は、新築住宅の雨漏りや傾きなどといった、住宅の構造耐力上重要な部分や雨水の浸入を防止する部分の欠陥があった場合に、補修工事をする費用などを確実にサポートするための内容になっています。

住宅のオーナー個人が加入するのではなく、住宅を販売した側の会社などが加入することになっているのが特徴的です。
保険に加入するにあたっては、工事中の段階で専門の建築士などの資格を持った検査員が現地検査をしますので、その意味でも安心といえます。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ