デザイン住宅をお考えの方必見、無垢フローリングのメリット・デメリット

憧れのマイホームをデザイン住宅で建築することを検討している人は床材を自由に決めることも出来るので、無垢フローリングを床材に取り入れることを検討する人も少なくありません。
そのときには前もって無垢フローリングの特性の良い所と悪い所を充分に理解しておく必要があります。

無垢フローリングが持つメリットとして挙げられるのは木の独特の風合いや肌触りの良さです。
デザイン住宅の床材に無垢材を採用することを検討している人のほとんどが、この木の独特の風合いに魅力を感じてというのが理由になっています。
他にも湿度を調整する効果があることもメリットの1つです。

その一方で無垢フローリングのデメリットとして挙げられるのがメンテナンスのために定期的にオイルを塗る必要があるので手間がかかるということや、合板のフローリングなどと比べると費用が高いということになります。
また湿度を調整する事によって冬の乾燥する時期には隙間が空いて夏の湿度が高い生地には膨張し反ってしまうことがあるのです。

しかし合板のフローリングは長い間使い続けても風合いが増したりすることがなく古くなっていく一方であるのに対して、無垢フローリングは使い続ければ使い続けるほど風合いが増していきます。
また、隙間が開いたり反ったりするデメリットはスペーサーを使うことによって最低限に抑えることが可能です。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ